スポンサードリンク


脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタを脳脊髄液減少症の治療に役立てている治療法があります。プラセンタ埋没療法(プラセンタインプランテーション)と呼んでいるようです。



脳脊髄液減少症とは、低髄液圧症候群とも呼ばれていて、脳脊髄液が脊髄のどこからか漏れて脳内の脊髄液量が減少し頭蓋内の圧が低下するために頭痛、嘔気、めまい、だるさ、視力低下、記憶障害、気力の低下、耳鳴り、著しい疲労感、背中や首の痛みが強くなるとされています。



大概はごく小さなピンホール大の穴からの漏れですが、特に立っているときは圧力が高まるために絶えず漏れ出すとされています。したがって、立位や座位で症状が悪化し横になると軽快すると報告されていますが、すべての人にあてはまるわけではありません。



脳脊髄液はリンパ液のように無色透明な液体です。脊髄液は脳室の脈絡叢で産生され、脳脊髄のクモ膜下腔を循環して脳の上矢状静脈洞で吸収されるとされています。



脳の水分含有量を緩衝したり、形を保つ力になっているとされます。健康な成人では150ml位あり、1日の産生量は 500mlといわれています。横になっているときは一定の圧が保たれており5〜15cm水柱です。



脳脊髄液減少症の原因はさまざま考えられるんですが、近年問題とされているのが、交通事故での傷害です。例えば、外傷がないむち打ち症でも脳脊髄液減少症となるとされています。



治療法としては、ブラッドパッチ、高気圧酸素治療、手術治療、プラセンタ埋没療法(プラセンタインプランテーション)があり、もっとも一般的なのがブラッドパッチです。これで、7割の治癒率とされています。しかし、再発の可能性がないとは言えず、治癒率も7割ということで信頼できる治療法とはいえないかもしれません。


プラセンタ埋没療法は、ブラッドパッチとほぼ同様の治癒率ですが、回数を重ねるごとに治癒率が上がるとされているところが、ブラッドパッチと異なるところです。



これは、プラセンタに含有される、多くの再生因子により髄液漏れの原因個所が、組織的、機能的に修復されるためと推測されます。



つまりブラッドパッチは漏れた箇所に絆創膏でふたをするだけなんですが、プラセンタ埋没療法では、漏れの原因の穴そのものを修復して塞ぐため、たとえ穴が大きくても回を重ねるごとに塞ぐことができるからではないかと推測できます。



プラセンタ埋没療法(プラセンタインプランテーション)の問題点はその治療費用の高額なことです。大抵は一度ではなく数度あるいは数十回行うために総治療費はかなりな額になります。そして、治療を行う施設が福岡など限られているのも患者として気軽にプラセンタ埋没療法(プラセンタインプランテーション)を行えない理由です。


プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天


プラセンタ含有 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。