スポンサードリンク


プラセンタ注射とサプリ

プラセンタ注射は、肝臓病、更年期障害、乳汁不全症の治療法として健康保険の適用が認められた治療法です。逆に言えばこれ以外の目的のプラセンタは保険適用外となります。



疲労回復やアトピー治療、肌の美白やしわの解消目的は全額自己負担となる自由診療となります。相場は注射一本2000円〜3000円といわれています。しかも、治療してくれる施設は限られているだけではなく、プラセンタに対する正しい知識のない医師も存在していて、あろうことかプラセンタを静脈注射するということもあるようです。



そういうことでは、サプリメントでプラセンタを摂ることは効率は注射よりもかなり落ちますが、その手軽さからもおすすめであるといえます。



プラセンタには、FGF(線維芽細胞増殖因子)やEGF(上皮増殖因子)が大量に含まれています。線維芽細胞は、真皮に存在していて、皮膚を健康で若々しく美しく保つために必要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を産生しています。



ですから、プラセンタによってその線維芽細胞を補給することで、皮膚の再生に力を発揮されるわけです。つまり、しみやしわなどの肌の悩みの解消にすぐれた効果をもたらすことが望めるんです。



さらに、プラセンタには母体内の胎児を守るためにとても強い抗酸化作用が存在しています。活性酸素は、さまざまな悪影響をもたらすものとして知られてきましたが、プラセンタにはそれらを無害化する力が存在するんです。



またプラセンタにはチロシナーゼを不活性化する作用があります。チロシナーゼとは、黒い肌を作り出すメラニン色素の素となるDOPAにチロジンという物質が変換されるときに活性化して活躍する物質です。



ですから、プラセンタを摂るとメラニン色素の生成が抑えられることで、肌本来の白く、明るい透き通ったような皮膚をつくります。したがって、何度も炎症を繰り返し、そのために黒ずんでしまった皮膚を、ある程度もとの色にもどしてくれるんです。



プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。