スポンサードリンク


プラセンタとアトピー

プラセンタがアトピー性皮膚炎に効果があるとされています。しかしながら、これを治療目的とした場合、いまのところ、保険の適用は受けれません。プラセンタには、様々な種類の細胞増殖因子が含まれていて、これらが細胞の増殖、分化、運動の調節や機能維持に働くことで母体の胎児を守っているんです。



細胞増殖因子は、細胞の増殖をもっぱら促進するばかりではなく、細胞がアポトーシスによって死ぬことを促進、あるいは抑制したりする作用があったり、ある増殖因子は、通常はほとんど合成されていないものの、組織が傷ついたときや炎症が発現すると、それによって誘導されて、傷の修復に使われたりするなど、その作用は多様です。



プラセンタに含まれる主な成長因子としては、肝細胞増殖因子(HGF)、神経細胞増殖因子(NGF)、上皮細胞増殖因子(EGF)などの肝実質細胞をはじめ、諸組織の細胞の増殖や、神経細胞(知覚・交感神経節細胞)の増殖そして、皮膚、肺、角膜、気管上皮細胞の増殖にかかわるものなどがあります。そのほかには、線維芽細胞増殖因子(FGF)や、インシュリン様成長因子(IGF)のように、ヒト線維芽細胞、グリア細胞、血管内皮細胞の増殖 や軟骨細胞、平滑筋細胞の増殖に携わるものがあります。



さらに、免疫力を向上させる成長因子として、コロニー形成刺激因子(CSF)(免疫担当細胞の顆粒球、マクファージなどの幹細胞の増殖)や、インターロイキン1 (IL−1) (免疫担当細胞(T細胞・B細胞・NK細胞)、胸腺細胞の増殖リンホカインの産生促進)、インターロイキン2 (IL−2)(T細胞(ヘルパーT細胞・キラーT細胞・サプレッサーT細胞)の増殖)、インターロイキン3 (IL−3)(造血幹細胞、肥満細胞の増殖)インターロイキン4(IL−4)(B細胞の増殖、及び抗体産生細胞への分化促進)などが含まれています。



プラセンタが含むこれらの成分がアトピーの様々な症状に効果があると思われます。例えば、上皮細胞増殖因子(EGF)や、線維芽細胞増殖因子(FGF)は、繊維芽細胞や上皮細胞を増殖することで健康な皮膚を作りますが、さらに、プラセンタは神経の異常興奮を抑えて、かゆみを感じ難くする作用があります。



プラセンタのアトピーに対する研究では、千葉大学などである仮説が立てられてもいるようです。それは、アトピー性皮膚炎では、皮膚を直接攻撃するリンパ球(helper T cell)の存在が問題なんですが、そのリンパ球をアポトーシスさせることで消滅させる作用がプラセンタにはあるのではないかという仮説です。いまのところその成分は特定されていないようですが、今後の研究に期待したいところです。

プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。