スポンサードリンク


プラセンタと更年期障害

プラセンタが更年期障害の軽減に効果が有るとされています。更年期障害とは、女性の多くが、50歳前後の閉経の時期になると悩まされる、ホットフラツシユ (顔がカーッと熱くほてる症状)、のぼせ、発汗、動悸、不眠、めまい、冷え、イライラ、ウツ症状といった心身の不調のことです。



更年期障害は、女性ホルモンの分泌が、閉経によって減少することで起こるとされているために、婦人科では、治療法として、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)を内服や注射で補う「ホルモン補充療法」を行うことが大半です。



しかし、更年期は、女性ホルモンの分泌が停止へ向かうとともに、副腎などの働きで新しいホルモンバランスを獲得し、それにからだを慣れさせなければならない大切な時期でもあります。にもかかわらず、症状の緩和だけを目的に女性ホルモンを安易に補うことは、逆にからだへの負担を増やすことになる可能性があります。



つまり、自然に反すると思える治療を行うことは、新たな病気の発生を生む可能性があるといことです。実際に、米国や英国での大規模調査では、ホルモン補充療法によって、乳ガンや心臓病、脳卒中のリスクが高まるという報告がなされているようです。



また、更年期に現れるウツ症状やイライラ、不眠などの治療のために、安易に、精神安定剤や睡眠薬を常用することもあるようです。本来、からだにとって異物である薬剤を長期的に常用することは、これも、体にとって別のリスクを背負うことといえます。



プラセンタは、漢方薬とともに、更年期障害の治療において副作用のリスクがなく、効果的な薬剤といえます。プラセンタは、更年期障害の治療において医師による注射薬の投与が保険での適用対象となっています。



さらに、注射が苦手な方には内服薬や健康食品の利用でも充分効果を得ることが出来るとされています。更年期障害の緩和には、1日にプラセンタエキス1000mg以上を目安に摂ることが推奨されているようです。

プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。