スポンサードリンク


プラセンタとC型肝炎

プラセンタがC型肝炎の治療に有効との報告があります。プラセンタの注射による治療が、健康保険の適用になるのは、更年期障害改善と乳汁分泌不全解消、慢性肝疾患における肝機能改善に対してだけです。



そして現在、C型肝炎の治癒にインターフェロンとプラセンタの併用による治療が可能となっています。インターフェロンは、C型肝炎ウイルスを除去できる唯一の薬とされています。



インターフェロンによるC型肝炎治療というのは、もともとは病原体を抑えるために体内で作られる物質のインターフェロンを人工的に合成することで大量に作り出し、そのインターフェロンを投与することによりウイルスの排除を期待する治療法です。



ところが、インターフェロンだけでのC型肝炎の治療では、根治に至る可能性はあるんですが、残念ながら、顕著な効果は2割の人にしか現れず、しかも、発熱・倦怠感・吐きけ・嘔吐・ウツ症状・筋肉痛など、患者にとって耐えがたい副作用を伴うという問題点も指摘されていました。



プラセンタとインターフェロンの併用によるC型肝炎の治療では、副作用を緩和でき、ほぼ100%完治にいたる可能性が大きいと報告されているようです。それには、プラセンタが持つ、副作用が強い薬と併用した場合に、その副作用を緩和する働きや、免疫力を増強する働きのあることが寄与していると考えられます。



プラセンタとインターフェロンの併用によるC型肝炎の治療には守るべきルールがあるようです。それは、インターフェロンを使用する前に半年以上プラセンタ注射の投与を週2〜3回のペースで受けることで、そうすることで、副作用もなく、再発のリスクもないとされています。それは、治療結果に基づいてのもののようです。インターフェロン使用前のプラセンタ投与が半年未満の場合、再発の可能性があるようです。



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。