スポンサードリンク


EF-621K菌

EF-621K菌は、乳酸球菌のひとつです。乳酸菌には、乳酸桿菌と乳酸球菌があり、ヨーグルトに含まれていることでよく知られているビフィズス菌、カゼイ菌などは桿菌という棒状の形状をした乳酸菌です。



EF-621K菌は、形状が球状をしていることから乳酸球菌(エンテロコッカス・フェカリス)といわれています。そして、大きさは、桿菌の約5分の1程度しかありませんが、様々な健康効果が発見されたとして、新型乳酸菌とも呼ばれています。



EF-621K菌は、他の乳酸菌と同様に整腸作用があります。その他にも、血管内のコレステロールや中性脂肪値を低下させる作用がある事が確認されています。そして、乳酸球菌は乳酸菌の種類の中で1番、白血球を強く活性化する力がある事が確認されています。



EF-621K菌は、腫瘍壊死因子(英: Tumor Necrosis Factor, TNF)を活性化する作用があります。TNFは、サイトカインの一種であり、TNFの一種のTNF-αはマウスに移植した腫瘍に対して出血性壊死を誘発させる因子として1975年に単離されています。



サイトカイン (cytokine) とは、免疫システムの細胞から分泌され情報伝達をするタンパク質で、多くの種類がありますが特に免疫、炎症に関係したものが多く、細胞の増殖、分化、細胞死、あるいは創傷治癒などに関係しています。



そして、TNFは、抗がん作用があるだけではなく、身体中のいろいろな正常細胞にも働いていることがわかってきました。そのため、TNFを活性化する作用があるEF-621K菌には、様々な健康効果が期待されています。



EF-621K菌は免疫力を高めてくれますので、免疫力が著しく低下する病気や治療にも期待されます。



さらに、身体中のいろいろな細胞を正常に働くように促す作用があるので、免疫全体のバランスが崩れているのが原因と言われているアレルギー疾患の治療にも期待されています。



EF-621K菌の効果は、生菌でも死菌でも大差がないことが報告されています。それは、EF-621K菌の細胞壁に含まれる成分(多糖類)が大きく関わっていることによることが確認されています。



そのため、EF-621K菌を乾燥させることで、EF-621K菌の細胞壁を一度に大量に摂取することができるように加工したサプリメントが開発されています。

EF-621K菌 最新一覧 By 楽天


乳酸菌 / プラズマ乳酸菌 / プラズマ乳酸菌 / L-92乳酸菌 / FK-23乳酸菌 / EC−12菌 / EC−12菌 / 有胞子性乳酸菌 / SBL88乳酸菌 / プロディア / カスピ海ヨーグルト / ケフィアヨーグルト / LB81乳酸菌 / ビフィズス菌 / EF-2001株 / EF-621K菌 / 新型乳酸菌 / ヤクルト菌 / ラブレ菌 / LC1乳酸菌 / BF−1(ビーエフワン) / LG21乳酸菌 / R-1乳酸菌とインフルエンザ予防 / ラクトNビオース

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。