スポンサードリンク


ビフィズス菌

ビフィズス菌とは、1899年、フランス・パスツール研究所のティシエによって母乳で育った赤ちゃんの腸内から発見された菌です。今では、赤ちゃんが母乳を飲み始めると、急激に腸内のビフィズス菌が増殖することがわかっています。



ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム・ビフィドゥム: Bifidobacterium bifidum)は、グラム陽性の偏性嫌気性桿菌の一種で、広くは、放線菌綱Bifidobacteriales目Bifidobacterium属に属する細菌の総称でもあります。



全ての動物の腸内に生息し、人間の腸管にはB. bifidum、B. breve、B. infantis (B. longum subsp. infantis に再分類)、B. longum、B. adolescentisの5種が棲息しています。特に母乳栄養児の腸内に多く存在します。



ビフィズス菌は、乳酸を産生する善玉菌の乳酸菌の一種です。ビフィズス菌の語源は、「枝分かれ」を意味するラテン語の「ビフィド」。これは、ビフィズス菌の形が環境条件によってV字形やY字形と枝分かれする性質を示しています。



健康な人の腸内には一人当たり100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が生息しており、その、4〜5%はビフィズス菌といわれていて、乳酸と酢酸を作り出して腸内のpHが酸性になるようにコントロールしています。



しかしながら、ビフィズス菌自体は強い酸には弱い性質があり、胃酸や胆汁酸によって死滅する場合もあるので、経口摂取しても大腸まで届くものと届かないものがあります。



ビフィズス菌は、糖を分解して、乳酸、酢酸、ギ酸などを産生するヘテロ乳酸菌の仲間です。母乳栄養児の腸内最近の90%は、ビフィズス菌といわれていて、腸内を酸性にすることで大腸菌や他の病原性腸内細菌が増殖しにくい環境を作り出しています。



さらにビフィズス菌そのものが、大腸菌などの増殖を抑制するので、ビフィズス菌は母乳栄養児の腸内感染症による罹患率、死亡率を低くするのに役立っていると考えられています。



また、善玉菌として腸内の環境を整えるほか、花粉症などアレルギー症状の緩和にも効果があります。そのほか、酸素が多い環境では生きられない、人の体温と同じくらいの温度で増殖しやすいなども、ビフィズス菌の特徴です。

ビフィズス菌 最新一覧 By 楽天



乳酸菌 / プラズマ乳酸菌 / L-92乳酸菌 / FK-23乳酸菌 / EC−12菌 / 有胞子性乳酸菌 / SBL88乳酸菌 / プロディア / カスピ海ヨーグルト / ケフィアヨーグルト / LB81乳酸菌 / ビフィズス菌 / EF-2001株 / EF-621K菌 / 新型乳酸菌 / ヤクルト菌 / ラブレ菌 / LC1乳酸菌 / BF−1(ビーエフワン) / LG21乳酸菌 / R-1乳酸菌とインフルエンザ予防 / ラクトNビオース

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。