スポンサードリンク


EC−12菌

EC−12菌とは、乳酸球菌からつくった乳酸菌菌体物質のひとつです。乳酸菌には大きく分けて球菌(丸い菌)と桿菌(かんきん=棒状の菌)があります。



乳酸桿菌はヨーグルトなどで使用されているアシドフィルス菌、カゼイ菌などがよく知られています。



EC−12菌は、腸球菌 (Enterococcus faecalis:エンテロコッカス・フェカーリス)というグラム陽性の球菌で、回腸、盲腸、大腸に生息する常在菌のひとつで、ホモ乳酸発酵をする乳酸菌からつくった乳酸菌菌体物質のひとつです。



免疫機能を高める働きや、腸内菌叢(フローラ)改善作用、抗腫瘍作用、アレルギー抑制作用などがあるといわれています。



EC−12菌の特徴は、アシドフィルス菌、カゼイ菌などとは異なり、あらかじめ菌の活性をとめた殺菌菌体として利用されることです。



乳酸菌は「生菌」「殺菌菌体」「乳酸菌生産物質」など、様々な形状で利用されています。「殺菌菌体」は、菌自体が活動することで効果をもたらすことはありませんが、腸管にあるパイエル板に取り込まれることで免疫活性を誘導します。



摂取されたEC−12は腸管に到達すると、パイエル板のM細胞から免疫組織に取り込まれます。また絨毛では樹状細胞が上皮細胞間に突起を伸ばし、管腔側のEC−12を採取している可能性があります。



免疫組織に取り込まれたEC−12は、抗原提示細胞(マクロファージ、樹状細胞)に認識され、サイトカインなどの伝達物質の産生を促し、T細胞やB細胞など免疫担当細胞に働きかけ免疫を調整します。



EC−12で使用されている乳酸菌Entercoccus faecalisの菌体は、その球体で微小な菌体サイズが作用メカニズムに適しているだけでなく、殺菌菌体により一度に多量に摂取できることから高い効果が望めるといえるようです。



免疫力は、人間の体を多くの病原菌などから守ってくれる大切な役割を果たしています。しかし、その免疫力は、加齢、ストレス、栄養バランスの崩れ、などにより低下することが知られています。



花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギー、胃潰瘍、ガン、リウマチ、歯周病、メタボリックシンドローム、そして、インフルエンザなども免疫力が低下しているときに起こりやすいのです。



そういった病気にかからないようにするために、根本の免疫力を高め、健康を維持していこうという目的に、EC−12は効果を期待できるといえます。



女性特有の更年期障害にともなう不眠、肩こり、便秘、皮膚のかゆみ、イライラ、めまい、慢性疲労、のどの渇きといったさまざまな不定愁訴にも効果が期待できるといえます。

EC−12菌 最新一覧 By 楽天



乳酸菌 / プラズマ乳酸菌 / L-92乳酸菌 / FK-23乳酸菌 / EC−12菌 / 有胞子性乳酸菌 / SBL88乳酸菌 / プロディア / カスピ海ヨーグルト / ケフィアヨーグルト / LB81乳酸菌 / ビフィズス菌 / EF-2001株 / EF-621K菌 / 新型乳酸菌 / ヤクルト菌 / ラブレ菌 / LC1乳酸菌 / BF−1(ビーエフワン) / LG21乳酸菌 / R-1乳酸菌とインフルエンザ予防 / ラクトNビオース

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。