スポンサードリンク


L-92乳酸菌

L-92乳酸菌が、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの、つらい症状を緩和する作用があるといわれています。



L-92乳酸菌とは、カルピスの「アレルケア」に配合されている乳酸菌で、Lactbacillus acidophilus L-92(ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株)と呼ばれるアシドフィルス菌の一種です。



アシドフィルス菌は、カンジダ菌を除去する作用があることでアトピー性皮膚炎などに効果があるとされています。



アシドフィルス菌(ラクトバチルス・アシドフィルス:Lactobacillus acidophilus)は、ビフィズス菌と同様人間の腸内に存在する善玉菌です。膣や子宮頸、尿道にもいて病原菌の繁殖を防いだり、活動を抑制したりします。



また、アシドフィルス菌は、ビフィズス菌が大腸や粘膜細胞を好むのに対して、小腸に最も豊富にいる菌です。



アシドフィルス菌は、自然の抗生物質とも呼べる、様々なバクテリオシン(Bacteriocin)を生成し、その中には、アシドフィリン(Acidophilin)、ラクトシディン(Lactocidin)などがあり、有害な微生物を消化器官から追い払ってくれます。



アトピー性皮膚炎の症状を引き起こすもののひとつにカンジダ菌があります。カンジダ菌(Candida albicans)は、真菌で、腸、膣、肺、指、口腔、爪で増殖する悪玉菌のひとつです。



腸などの消化管や体表などに普通に生息するもので、体調が悪いときなどに病変を起こす日和見感染の原因となり、呼吸器官から入ると気管支喘息を引き起こすアレルゲンの1つでもあります。



実際に、腸内のカンジダ菌を抗真菌剤を内服することで減少させるとアトピー性皮膚炎の症状が改善することが確認されています。



アシドフィルス菌は、カンジダ菌を除去する作用があり、普通は1ヵ月程度、どんなに頑固に居座るカンジダ菌でも半年もあれば除去でき、アトピー性皮膚炎の症状軽減に効果があるとされています。



さらに、乳酸菌は、T細胞(白血球の中のリンパ球の1つ)のTH1型とTh2型のバランスを整える作用があることで、IgE抗体の過剰な生産を抑制し、肥満細胞からのヒスタミン産生を減らすことで、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の緩和に効果があるとされています。 



また、乳酸菌は、IgA抗体を増強する働きもあります。IgA抗体は、腸管にあるもうひとつの抗体で、抗原が腸管に侵入すること自体をガードし、無用な免疫反応が起こらないようにしています。



L-92乳酸菌は、これらの作用により、アトピー性皮膚炎などの、つらい症状を緩和する作用があるといわれています。

L-92乳酸菌 最新一覧 By 楽天



乳酸菌 / プラズマ乳酸菌 / L-92乳酸菌 / FK-23乳酸菌 / EC−12菌 / 有胞子性乳酸菌 / SBL88乳酸菌 / プロディア / カスピ海ヨーグルト / ケフィアヨーグルト / LB81乳酸菌 / ビフィズス菌 / EF-2001株 / EF-621K菌 / 新型乳酸菌 / ヤクルト菌 / ラブレ菌 / LC1乳酸菌 / BF−1(ビーエフワン) / LG21乳酸菌 / R-1乳酸菌とインフルエンザ予防 / ラクトNビオース

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。