スポンサードリンク


ハトムギ茶

ハトムギ茶が、イボとりや美肌に効果があるとされています。ハトムギは、イネ科ジュヅダマ属の一年生作物で、鳩がよく食べるのでこの名が付いたとするのが一般的のようです。



ちなみに麦茶に使用される大麦やハダカ麦は、イネ科イチゴツナギ亜科に属し、ハトムギは、イネ科ですがキビ亜科に属し、コムギやオオムギよりもススキやトウモロコシに近い植物といえます。



ハトムギの原産地はインド北部から、中国南部、インドシナ半島、熱帯アジアにかけての広い地域が考えられています。ハトムギは、世界中で保健食、美容食として珍重され、日本に伝来したのは約300年前といわれています。日本では、関東以西で栽培されており、収穫期は9〜10月です。



ハトムギは「穀物の王様」と呼ばれ、タンパク質を多く含み、アミノ酸のバランスもよく、さらに、ビタミンB1・ビタミンB2、カルシウム、鉄、食物繊維も多く含み、不飽和脂肪酸エステルのコイクセノライド、多糖類のコイキサンA、ラクトン、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸などがあり、新陳代謝を増進させる作用があるとされています。



昔から「ハトムギは肌をなめらかにする」と言われており、シミ、ソバカス、肌荒れ、アトピー性皮膚炎などの改善に効果があるとされています。特に「イボ取り」効果は有名で、水いぼの改善などに利用されます。



ハトムギが、消炎・利尿・鎮痛・排膿作用をもち、体内の水分や血液の流れをよくして、新陳代謝を活発にし、解毒・排泄を促す作用や、アトピー性皮膚炎を改善するなど、肌をきれいにするだけでなく、イボやさまざまな病気の治りを早める作用をするのは、ハトムギに含まれているコイクセノライド(coixenolide)が大きくかかわっていると考えられています。



コイクセノライドは、免疫増強作用や腫瘍抑制作用があるとされていて、がんなどの腫瘍に対して、予防や抑制の効果があることが確認されるなど、現在、体内や体外に出来る腫瘍の治療への活用などの研究がなされています。



ハトムギから穀皮を取り去ったものはヨクイニンとして医療用として流通しています。ヨクイニンから抽出したヨクイニンエキスには、血流促進、抗炎症、皮膚弾力改善、メラニン抑制などが確認されています。



ハトムギ茶での、ハトムギの量は、水600ml〜1000mlに対して、健康維持なら5g〜10g、イボ取りやアトピー性皮膚炎の改善には15g〜20g、のハトムギを使用します。沸騰後、弱火で煮詰めて20分くらいで出来上がりです。熱いうちに茶殻を漉し取り、出来上がった煎液を1日量として2〜3回に分けて服用します。



水量は600ml〜1000mlが標準ですが、お好みで、量を増やして、水代わりにガブガブ飲んでも結構です。大切な点は沸騰後 20分くらい煮詰めることです。これで殆どの有用成分が水中に移行しているので、この煎液を1日で飲みきります。



沸騰後は100℃でグラグラ煮立てるのではなく、90℃くらいでじっくりと20分煎じるのがコツです。煎じた茶殻は捨てずにそのまま食べたり、お米に混ぜて炊くのがおススメです。ハトムギは、捨てる所はありません。

ハトムギ茶 最新一覧 By 楽天


1,000種類以上の茶葉を取り揃えるお茶の総合店!【茶卸総本舗】





麦茶
| 麦茶

麦茶

麦茶は、からだを冷やす効果があるといわれていて、夏に好んで飲まれますが、そのほかにも、麦茶には、様々な健康効果があることが報告されています。



麦茶に含まれる、麦茶独特の香ばしい匂いの成分であるアルキルピラジン類が、血液をサラサラにする効果があるようです。



麦茶は、小粒大麦、大粒大麦、はだか麦を使用しています。小麦を使用していないことから小麦アレルギーがあっても心配なく飲むことができます。



大麦には、六条大麦と二条大麦があります。麦茶の香ばしい匂いは蛋白質や糖(でんぷん)が焙煎による加熱で生じます。蛋白質などの量が多いほど香りが豊かになることから、麦茶には蛋白質含有量の多い六条大麦が適しているといえます。ちなみに、ビールを醸造する際には、蛋白質は雑味の原因になることから、二条大麦の方が適しています。



麦茶の有効成分のアルキルピラジン類は、蛋白質と糖から、焙煎の過程において生成されます。六条大麦は、二条大麦よりも蛋白質の含有量が高いことから、同一条件で焙煎した場合、アルキルピラジン類の生成される量は約3倍の違いがあるとされています。



さらに、麦茶に含まれるPクマル酸などには、発ガン性で注目されるペルオキシナイトライトに対し、高い消去活性が存在していることが報告されています。



麦茶には抗酸化作用もあることが報告されています。抗酸化作用は活性酸素を消滅させるため、ガン、脳卒中、心筋梗塞などの予防効果が期待されています。



麦茶には、胃の粘膜を保護する作用や、糖尿病合併症の予防効果などもあることが報告されてもいます。からだにやさしい天然飲料ということが出来ます。



そして、麦茶の香りには、リラックス効果も期待できるとされています。麦茶は、その香ばしい香りが、血行を良くするとともに、精神をリラックスさせる作用をもちます。しかも、タンニンやカフェインといった刺激の強い物質を含まない天然飲料のため、就寝前や赤ちゃんでも安心して飲用できます。

麦茶 最新一覧 By 楽天


1,000種類以上の茶葉を取り揃えるお茶の総合店!【茶卸総本舗】





ハトムギ茶
| 麦茶

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。