スポンサードリンク


フコイダン

フコイダンが、がんに対して効果が有るとされています。フコイダン(英語名:fucoidan)とは、コンブ、ワカメ、モズクなど海藻類の「ぬめり」部分に多く含まれる酸性多糖類です。類似の物質はナマコなどの動物からも見つかっています。



フコイダンが大きな注目を集めることとなったのは、1996年の、【第55回 日本癌学会総会】で、農林水産省や青森県などでつくる研究開発組織の「糖鎖工学研究所」が、フコイダンに、ガン細胞を自滅させる働き(アポトーシス)があること、また、正常な細胞には一切ダメージを与えないことを確認したという研究成果が発表されたことです。



がん細胞は、健康なヒトの体内でも常に作られている細胞のひとつです。通常は、このような体が必要としない細胞はアポトーシスによって排除されています。ところが何らかの原因でアポトーシスが作動せずに逆に増殖してしまったのが、がんとなるんです。



フコイダンは、がん細胞に対してだけ働きかけて、そのアポトーシスのスイッチを入れる働きをしているようなんです。今のところその仕組みまでは解明されてはいないようです。そのため、様々な製法のフコイダン製品が市場に存在していますが、いずれ淘汰は行われるものと思われます。



フコイダンについて様々な研究が続けられていて、がんに対して大きな効果をもたらすことは期待してよさそうです。今後の課題は、いかに低コストで効果的なフコイダンによる治療法を確立することが出来るかであると思われます。

フコイダン 最新一覧 By 楽天


フコイダンとアポトーシス
ガゴメコンブとフコイダン
ガゴメ昆布と風邪予防
オキナワモズク
トンガの天然モズク
超低分子と高分子フコイダン
アカモク
フコイダンと好転反応
メカブとフコイダン
ガニアシとフコイダン

ガニアシとフコイダン

フコイダンを含むものとしてガニアシが注目されています。ガニアシとは昆布の仮根(かこん)のことです。コンブは、その部位によって、大きく3つに分けられ、そのそれぞれに名前が付けられています。



私たちが通常コンブと言って食べている部分は、葉の部分で「葉状体」、その下に伸びる茎の部分は「葉柄」、とそれぞれ呼ばれます。そして、その下にあり岩などにくっついている部分が「ガニアシ」です。



ちなみに根昆布は、葉柄と連なる葉状体の下の部分で、葉の付け根部分のことです。昆布は葉全体から栄養を吸収し根昆布を起点として成長します。



しかし、そのためには岩などにしっかりと定着する必要があります。その定着する部分が仮に付いている根ということで「仮根」と言います。北海道で昆布を扱う人たちの間で、仮根部分がカニの足に似ているとしてガニアシと呼ばれたのが今に至っています。



ガニアシには、コンブの他の部分には含まれずガニアシの中にだけ含まれるGA-フコイダンと、コンブ一般に見られるL-フコイダンの2種類のフコイダンが含まれています。GA-フコイダンはフコース、硫酸基が少なく、ウロン酸や他の六炭糖が多いのが特徴です。



フコイダンには動物実験で、移植したガン細胞のアポトーシスをうながし、増殖を止め、自然崩壊させてしまう作用があります。



そこで、GA-フコイダンとL-フコイダンを精製して、マウス腺ガンAdenocarcinoma 755 を移植したマウスを用いて試験を行った結果、いずれも10mg/kg腹腔内投与では30%以上、30mg/kg投与で50%以上のガン細胞の増殖を抑制するとの報告があります。



さらに、100mg/kg投与ではL-フコイダンは毒性を示したのに対し、GA-フコイダンは毒性を示さず、70%近い抑制率を示したと報告されています。



また、ガニアシのステロール酸化体が、抗腫瘍性、抗菌性、抗ウィルス性、赤血球凝集作用、酸化防止作用、などの生理活性を持つという報告もあるようです。

フコイダン 最新一覧 By 楽天


フコイダン
フコイダンとアポトーシス
ガゴメコンブとフコイダン
ガゴメ昆布と風邪予防
オキナワモズク
トンガの天然モズク
超低分子と高分子フコイダン
アカモク
フコイダンと好転反応
メカブとフコイダン


メカブとフコイダン

フコイダンを含むものとして、メカブがあります。メカブは、ワカメの根元(付着器)の上に存在していて、形状が帯状の螺旋(らせん)葉体で、ワカメの生殖機能部位となります。成実葉(せいじつよう)や胞子葉(ほうしよう)とも呼ばれます。食味は、歯ごたえがあり、粘りが強く、スライス又はミンチにして食されるなど、珍味として重宝されています。ワカメの成熟期の春から夏になるとワカメの基部に形成されます。



メカブのヌメリ成分がフコイダンを含んでいるんですが、ヌメリ成分には他に、アルギン酸も含まれています。メカブには、そのほかにも、ミネラルとしてはカルシウム、カリウム、マグネシウムを多く含み、鉄やヨードもバランスよく含んでいます。また、メカブやワカメ等の褐藻類にしか含まれていないカロチン「フコキサンチン」には、発ガン抑制効果があると発表されています。



メカブには、ワカメ(葉の部分)の二倍以上の脂質が含まれています。メカブの脂質は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の両方を豊富に含んでいます。不飽和脂肪酸は、EPA(エイコサペンタエン酸)やオレイン酸などのことでコレステロールの胆汁への排出を促進して、血中のコレステロールを下げる働きがあります。



ワカメの脂肪酸は他の海藻に比べて飽和脂肪酸を多く含みますが、メカブは飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸、いずれの脂肪酸もワカメを上回っています。メカブの100gあたりの、飽和脂肪酸の総量はワカメの1.455倍、コンブの3.725倍、不飽和脂肪酸はワカメの5.399倍、コンブの5.177倍に達します。



さらに、メカブの糖質の総量、ミネラルの鉄とカリウム、カロチン、ナイアシン、ビタミンCに関してもワカメ(葉体)より上回っています。したがって、メカブの魅力は、フコイダンを含んでいるだけでなく、他の様々な栄養素を豊富に含んでいることといえそうです。

フコイダン 最新一覧 By 楽天



フコイダン
フコイダンとアポトーシス
ガゴメコンブとフコイダン
ガゴメ昆布と風邪予防
オキナワモズク
トンガの天然モズク
超低分子と高分子フコイダン
アカモク
フコイダンと好転反応
ガニアシとフコイダン

フコイダンと好転反応

フコイダンを摂ることで好転反応を感じることがあるようです。好転反応というのは、東洋医学では、瞑眩(めんげん)と呼んでいる症状のことです。



好転反応は、自然療法には必ず現れる反応とされています。好転反応の 症状が出るのを境に、体質は急速に好転(改善)していくことが知られています。好転反応は、症状が快方へ向かう時、一時的に悪化したり、不定愁訴の症状が出ることを言い、症状は一様ではありません。慢性疾患を持っている場合に特に症状を訴えることが多いようです。



好転反応は、健康体の人でも、必ず起こるとされていて、その反応は様々であり、人によっては感じないこともあり、健康な人では多くの人が好転反応を感じることがないともいわれています。



一般的に好転反応を感じやすい人と言うのは、症状(病状)の重い人とされています。例えば、長い間薬を使用してきた人、または現在も使用している人や、強い薬を使用している人、または使用していた人、そして、食品添加物や加工食品を長期間に渡って食べ続けていた人や、肉や脂肪の多い食事を摂り続けていた人なども好転反応を顕著に感じることがあるようです。



好転反応は、体内の毒を外へ出す為に、下痢や咳が出るようなものだともいわれています。したがって、薬剤の特定の物質がもたらす副作用とはまったく異なる症状です。しかし、あまりにひどい症状が出た場合には医師と相談することも必要と思われます。



フコイダンを摂ることで、一般的に、食欲増進作用が見られ、睡眠も十分に取れるようになったり、倦怠感が減少したりと早い速度で元気になります。そして、一般的な好転反応の症状としては、だるい、眠いなどの倦怠感や、便秘、下痢、発汗、腫れ、痛み、湿疹、かゆみ、目やに、吹き出物、咳、大量の便、胃痛、腹痛、吐き気、発熱、動悸などがあり、これらの好転反応で起こる症状は、一般的には一過性のもので、ほとんどの場合、3〜4日で治まります。

フコイダン 最新一覧 By 楽天



フコイダン
フコイダンとアポトーシス
ガゴメコンブとフコイダン
ガゴメ昆布と風邪予防
オキナワモズク
トンガの天然モズク
超低分子と高分子フコイダン
アカモク
メカブとフコイダン
ガニアシとフコイダン

アカモク

アカモク (Sargassum horneri) が、フコイダンを含む褐藻類(ヒバマタ目ホンダワラ科)に属する海藻として知られています。北海道から鹿児島まで日本各地の沿岸に分布しています。栄養塩に富む浅海が生育に適していて、生命力がとても強く、長くなると7mぐらいにまで成長します。アカモクとは学名で、老成すると赤褐色になることからその名がついたようです。



アカモクは、秋田県では「ギバサ」として、よく知られた食品で、一般のスーパーで販売されている秋田県の郷土食の一つです。また、秋田県内では、同じホンダワラ科で男鹿半島周辺の海域でしか見ることができない、ジバサがあり、これが、山形県では「ギンバソウ」、山陰地方では「神馬草」、新潟県では「ナガモ」と呼ばれる物と同じ種類と思われ、近年、水揚げ量の減少が指摘されています。



ギバサは、熱湯をかけると(又は、熱湯に通すと)、美しい緑色になります。それをまな板の上で叩いて、とろろのように粘りが出たところで、酢醤油(簡単にポン酢でも良いです)をかけて食べるのが一般的な食べ方ですが、噛むとしゃきしゃきとした食感が楽しめます。



ギバサは、ミネラルや食物繊維、ポリフェノール等を豊富に含み、メラニンの抑制効果があり、高血圧抑制と血糖上昇予防、抗腫瘍作用、コレステロール低下に効果のあるフコイダンや、骨粗しょう症予防に役立つビタミンKが豊富に含まれています。また、エイズウイルスの増殖を抑える効果があるとの報告もあるようです。

ギバサ 最新一覧 By 楽天



フコイダン
フコイダンとアポトーシス
ガゴメコンブとフコイダン
ガゴメ昆布と風邪予防
オキナワモズク
トンガの天然モズク
超低分子と高分子フコイダン
フコイダンと好転反応
メカブとフコイダン
ガニアシとフコイダン

超低分子と高分子フコイダン

フコイダンの製品には高分子のフコイダンをそのまま利用したものと、それを低分子、例えば、分子量が500というとても小さな分子量にした超低分子フコイダンを利用したものとがあるといえます。



低分子フコイダンとは、体内での吸収率を高めるために分子を酵素で分解し分子量を少なくしたものです。



フコイダンは、高分子で存在し、分子の大きさが20万程度とされています。人が食べ物を歯で噛み砕いて胃で溶かし、十二指腸に送り込む時の分子量の大きさは約3,000〜4,000分子の大きさと言われています。しかし、それでも分子量が大きい為、栄養素の約4〜5%が腸で吸収されるだけで、後は排出されてしまうといわれています。



そこで、貴重なフコイダンを少しでも多く体内に吸収することで効果を得ようと低分子化が考えられたようです。



しかし、フコイダンが、効率的に体内に吸収され、有効利用されるにはどのくらいの分子量のフコイダンが良いのか実証されているわけではないようです。つまり、高分子のままでいいのか超低分子がいいのかまだ確認されてはいないのです。



また、フコイダンは元々高分子で存在するものであり、それを低分子化することは本来の目的であるアポトーシス(細胞が自ら自滅していく)作用の弱体化を招くのではないかとの説もあるようです。



したがって、フコイダンには、超低分子と高分子、そして、両方の分子量、いわゆる両分子フコイダンを含むものがそれぞれ存在しています。今のところどのタイプが費用対効果に優れているのか、など検証されてはいないようです。



フコイダンの効果はそれなりに認められていますが、製品としてのフコイダンにはまだまだ課題が多いといえそうです。

フコイダン 最新一覧 By 楽天



フコイダン
フコイダンとアポトーシス
ガゴメコンブとフコイダン
ガゴメ昆布と風邪予防
オキナワモズク
トンガの天然モズク
アカモク
フコイダンと好転反応
メカブとフコイダン
ガニアシとフコイダン

トンガの天然モズク

フコイダンは、昆布やモズクに含まれていますが、そのなかにトンガ王国で採れる天然モズクがあります。トンガ王国は日本より南西へ7,000km、ニュージーランドの北2,000km、ニュージーランドと赤道とのほぼ中間地点にあり、大小約 170 の島々からなりたっている 南太平洋に浮かぶサンゴ礁でできた島で、まさに、太平洋のド真ん中にあると言って良いほどで、広大なサンゴ礁が無数にあり、ミネラルの豊富な海に囲まれた楽園のような国といえます。



トンガ王国は、経済水域を日付変更線が縦断していて、南北に約1,000km、東西500kmの細長い海域に散らばりトンガタプ、ハァアパイ、ババウ、ニウアスの主要な4つのグループで構成されています。島に沿うトンガ海溝から湧きあがる清澄な海水は、ミネラル分をたくさん含んでいます。



トンガ産モズクが育つ海域は水温21〜25度の範囲に保たれていて、トンガ産モズクは、この海域にのみ見られる希少種といわれています。王国を取り巻く海の水は「世界で2番目に深い海」と言われるトンガ海溝から湧き出ていて、化学物質や 放射線物質などの水質汚染がなく、良質なミネラルを豊富に含んでいます。



赤道真近で日の光を存分に浴びてそだったトンガ王国産の 天然モズクには、日本で養殖されるオキナワモズクにくらべ、約2〜3倍ものフコイダンが含まれているといわれていて人気を集めているようです。

フコイダン 最新一覧 By 楽天



フコイダン
フコイダンとアポトーシス
ガゴメコンブとフコイダン
ガゴメ昆布と風邪予防
オキナワモズク
超低分子と高分子フコイダン
アカモク
フコイダンと好転反応
メカブとフコイダン
ガニアシとフコイダン

オキナワモズク

オキナワモズクが、フコイダンを豊富に含むとして注目を集めています。オキナワモズクは、ナガマツモ科の褐藻類の海藻で、沖縄では、太モズクと呼ばれている南西諸島特産種で、南は八重山から北は奄美諸島に広く分布しています。



オキナワモズクは、昔は、全て天然物でしたが、昭和50年代頃から養殖が始まることで、今では、沖縄のモズク生産量は、全国シェアの約9割以上を占めています。



オキナワモズクはマコンブの約17倍のフコイダンを含んでいるといわれています。フコイダンは褐藻類に特有の多糖で、硫酸化されたフコースを構成糖にもちます。オキナワモズクのフコイダンはα1,3結合したフコースを主鎖として、フコース6分子にグルクロン酸が1分子結合しています。また、フコースの半分は硫酸化されています。



オキナワモズクのフコイダンには正常な細胞を傷つけず、ガン細胞だけを自己消滅させる働きや、抗潰瘍作用、免疫賦活作用、整腸作用、抗腫瘍作用、抗炎症作用、血液凝固抑制作用、コレステロール低下作用などさまざまな効果があると言われております。



オキナワモズクは、ミネラルや食物繊維が豊富で、しかも低カロリーでコレステロール低下作用があり生活習慣病の予防に効果が期待できます。



また、オキナワモズク抽出物を頭皮に塗布すると脱毛シグナルNT-4の生成を阻害して、男性ホルモンによって発毛の遅れた毛周期を正常な状態に回復させる効果があるとライオン株式会社が発表しています。

フコイダン 最新一覧 By 楽天



フコイダン
フコイダンとアポトーシス
ガゴメコンブとフコイダン
ガゴメ昆布と風邪予防
トンガの天然モズク
超低分子と高分子フコイダン
アカモク
フコイダンと好転反応
メカブとフコイダン
ガニアシとフコイダン

ガゴメ昆布と風邪予防

ガゴメ昆布がインフルエンザによる風邪の予防に効果があるようです。ガゴメ昆布のフコイダンには、NK細胞などの免疫系を活性化する作用があることが知られています。そして、ガゴメ昆布のフコイダンには、インフルエンザウイルスの増殖を強く抑制する作用も存在するといわれています。



ガゴメ昆布のフコイダンのインフルエンザウイルスに対する増殖抑制活性は、様々な海藻由来のフコイダンに比べて10倍以上強く、抗インフルエンザ薬のオセルタミビルの1/3程度の効果があるという報告があります。また、ガゴメ昆布のフコイダンの作用部位はオセルタミビルとは異なり、細胞の中にインフルエンザウイルスが侵入する段階を抑えるとされています。



さらに、ガゴメ昆布のフコイダンは、インフルエンザウイルスの増殖を抑制するだけでなく、インフルエンザウイルスに対する分泌型IgA抗体の産生を促進する作用を持つとされています。



ガゴメ昆布は真昆布の、およそ3倍以上のフコイダンを含有しています。しかも、ガゴメ昆布の「フコイダン」は、分子量が高く、硫酸基が多いだけでなく、「U-フコイダン」「F-フコイダン」「G-フコイダン」という3種の「フコイダン」を含んでいるのが特長とされています。



したがって、ガゴメ昆布特有のフコイダンだからこそ、NK細胞の活性化、インフルエンザウイルスの細胞への侵入抑制、分泌型IgA抗体の産生促進などの多様な働きをすると考えられ、インフルエンザに対して予防効果を期待できるのではないかとされています。

ガゴメ昆布フコイダン 最新一覧 By 楽天



フコイダン
フコイダンとアポトーシス
ガゴメコンブとフコイダン
オキナワモズク
トンガの天然モズク
超低分子と高分子フコイダン
アカモク
フコイダンと好転反応
メカブとフコイダン
ガニアシとフコイダン

ガゴメコンブとフコイダン

ガゴメコンブがフコイダンを多く含んでいると、今注目されています。北海道大学大学院 水産科学研究院 安井 肇 准教授によると、ガゴメ昆布は真昆布の、およそ3倍以上のフコイダンを含有しています。しかも、ガゴメ昆布の「フコイダン」は、分子量が高く、硫酸基が多いという特長があるとしています。



ガゴメコンブは、また、タカラバイオの研究によると、「U-フコイダン」「F-フコイダン」「G-フコイダン」という3種の「フコイダン」を含んでいるのが特長とされています。オキナワモズクやトンガモズクからは、これらU・F・Gの「フコイダン」は検出されず、ガゴメ昆布由来の「フコイダン」とは全く構造が異なっていることが解っています。このU・F・Gを含む独自の構造こそが、ガゴメ昆布「フコイダン」の持つ機能性の源と考えられるとしています。



ガゴメコンブは、北海道の函館周辺海域だけに生息している大型海藻で、表面にある籠目状の独特の凹凸紋様が特長的で、「ガゴメ」という名前の由来は、この籠目模様がなまったものといわれています。水温や水深などの生育条件が、他の昆布と比べて非常にデリケートなため、北海道で生産される昆布全体のわずか数パーセントという希少な品種です。



ガゴメコンブは、近年までは雑海藻扱い、つまり、陸上であれば雑草扱いをされていて、網にかかると捨てられていました。しかし、今では、そのぬめりが、抗癌・抗アレルギー作用があるとされる「フコイダン」や、血圧抑制・免疫機能を活性化させる「ラミナラン」などの成分を多く含んでいることがわかり、機能性食品や食品添加物へと応用されるなど、その機能が注目され真昆布以上の存在となっています。

フコイダン 最新一覧 By 楽天



フコイダン
フコイダンとアポトーシス
ガゴメ昆布と風邪予防
オキナワモズク
トンガの天然モズク
超低分子と高分子フコイダン
アカモク
フコイダンと好転反応
メカブとフコイダン
ガニアシとフコイダン

フコイダンとアポトーシス

フコイダン(英:fucoidan)とは、モズクやメカブ、昆布などの海藻類に含まれ、特にヌルヌルした成分に多く含まれている食物繊維の一種です。フコイダンの役割としては海藻類が潮の流れなどで生じた傷の修復作用や、病原菌や微生物などから守る役割があるとされています。



フコイダンは、生物界に広く分布するフコース(fucose)を主構成成糖として、硫酸基やウロン酸が結びついた多糖類です。フコイダンを発見したのは、ウプサラ大学所属のスウェーデン人科学者 H・Z・キリン (H. Z. Kylin) で、1913年のことです。その後、1970年代以降盛んに研究されるようになり、1996年の日本癌学会で制癌作用が報告されてから健康食品として注目を浴びるようになり今に至っています。



2002年にはフランスの科学者によって、F-フコイダンがウサギの細胞の過形成を抑制するという報告があり、2005年には、日本の慶應義塾大学に所属する医学者・木崎昌弘らの研究により、F-フコイダンが人間の悪性リンパ腫の細胞にアポトーシスを起こさせることが発見されました。



フコイダンは昆布科から抽出された三糖類のフコイダン(フコースだけのF-フコイダン、グルルロン酸とマンノースのU-フコイダン、ガラクトースとフコースのG-フコイダン)とナガマツモ科のオキナワモズクから抽出されたオキナワモズクフコイダンとがあり、上記の研究ではフコースだけのF-フコイダンが使用されています。



アポトーシス (apoptosis) とは、ギリシャ語の「apo-(離れて)」と「ptosis(下降)」を語源としていて、「(枯れ葉などが木から)落ちる」という意味をもつように、個体をより良い状態に保つために不要となった細胞に積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死のことをいいます。

フコイダン 最新一覧 By 楽天



フコイダン
ガゴメコンブとフコイダン
ガゴメ昆布と風邪予防
オキナワモズク
トンガの天然モズク
超低分子と高分子フコイダン
アカモク
フコイダンと好転反応
メカブとフコイダン
ガニアシとフコイダン

パワーフコイダン

フコイダンをご存知ですか?

驚異のリピート率で話題独占!

今注目の健康食品パワーフコイダン



世界で一番に朝が来るトンガ王国で育った天然モズクから
作られた「パワーフコイダン」。吸収力が違います!
安心して購入できる「パワーフコイダン」
  

独自の特許製造法とトンガの海にあった

☆ 超低分子加工で吸収率がアップ!

☆ 汚染の少ないトンガ産のモズクを使っている

☆ 誰でも簡単に専門医に相談しながら飲用できる


フコイダンとは、もずくやワカメ、コンブ、ヒジキなどの褐藻類・海藻類の粘質物に多く含まれるヌルヌルとしたヌメリ成分の中にある多糖類のことです。フコイダンは、海藻の葉にある粘膜管から分泌されます。


フコイダンは、海藻類の葉や茎が潮の流れや砂などで痛んだときに、傷口から細菌が進入しないように防御しているんです。また、潮の満ち干きで空気中に露出した時に乾燥しないようにフコイダンが保護をする働きがあるとも考えられています。


フコイダンという物質自体は100年近く前に発見されていたのですが、ほとんど知られてはいませんでした。しかし、2002年5月以降テレビ番組などでたびたび取り上げられ、多くの方の耳目に触れることになりました。


フコイダンは、モズクやコンブに含まれる食物繊維の一種で、フコースを主構成糖として硫酸やウロン酸が結びついた多糖体です。


免疫活性作用のある食品ではアガリクス等が知られていますが、陸上の菌類や植物の多糖体と同じように海の多糖体も同じ作用をもつことが認められたのです。


さらに、フコイダンの特異な作用としては、ガン細胞を自滅させる(アポトーシス)効果が日本癌学会でも発表され、明らかになりました。


フコイダンは、アルギン酸・ラミニンなどを含んでいます。アルギン酸は、血圧降下作用、血中コレステロール低下作用、血糖値上昇抑制作用、ダイエット効果、便秘効果、大腸がん予防、動脈硬化予防、胆石予防などの作用があるとされています。ラミニンは、アミノ酸の一種です。血圧降下作用や肌の新陳代謝などの効果があることが知られています。



 
パワーフコイダン 最新一覧 By 楽天



タグ:フコイダン

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。