スポンサードリンク


赤ぶどうポリフェノール

ぶどうのポリフェノールをたっぷり含む赤ワインの消費量がフランスがダントツに多いことで有名です。フレンチパラドックスという言葉をご存知ですか。これは、フランス人がメタボリックシンドロームの原因と考えられているバターや肉などの動物性脂肪をヨーロッパでもっともたくさん摂取しているにも関わらず、動脈硬化による心臓病の死亡率が欧米で最も少ないというものです。



その秘密は、フランス人が多飲する赤ワインであると考えられるようになりました。彼らは国民一人当たり平均年間で63リットル、一日にすると200ミリリットルものワインを飲んでいるといいます。



赤ワインにはカテキン類とそのカテキン類が複数結合したプロアントシアニジンといわれる一連のポリフェノールが含まれており、これが、血液中のLDL(低比重リポ蛋白)という悪玉コレステロールが酸化するのを抑えるんです。



LDLは酸化すると血管壁に沈着して動脈硬化を引き起こすんですがそれをポリフェノールが防いでくれるわけです。プロアントシアニジンは、ぶどう種子ポリフェノールの有用成分で、ぶどうでは特に種子と果皮に多く含まれています。そのため種子・果皮付きのぶどうを窄汁してつくる赤ワインが抗酸化作用のあるポリフェノールを豊富に含んでいるわけです。


プロアントシアニジン 最新一覧 By 楽天


ポリフェノール・サプリ 最新一覧 By 楽天


スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。