スポンサードリンク


狭心症と大豆

狭心症に大豆が効果があるようです。狭心症というのは、突然、心臓の血液が滞ることで胸痛・胸部圧迫感などの症状を訴えるもので、重症の場合には命にかかわるといえます。



狭心症には心臓の冠動脈にプラークという固まりができ、血液の通り道を狭くすることによって起こることがあります。その原因のひとつにコレステロールがあります。



大豆は、そのタンパク質や、レシチンによって血中コレステロールを低下させ、オレイン酸によって、血液中の善玉コレステロール(HDL)を増加させる効果があることで血液をサラサラにして、プラークを防ぐ作用を期待でき狭心症予防となります。



また、狭心症のなかには、更年期の女性に多い症状があります。それは、微小血管狭心症といいます。これは、心臓内の微小な血管が狭窄及び攣縮状態になることで血液が心筋に充分に届かなくなり起こる症状です。



女性の場合は閉経になると、血管拡張作用を持つエストロゲンが急激に減少することになり、このために心臓の血管の拡張作用が失われることになり微小血管狭心症となります。大豆イソフラボンは、植物性エストロゲンと呼ばれ、女性ホルモン様の作用をすることが知られています。



大豆は、したがって、狭心症を予防する効果を期待できるといえます。毎日100gの豆腐、あるいは、納豆なら約60gの摂取が推奨されているようです。

大豆イソフラボン・サプリ 最新一覧 By 楽天

大豆ペプチド配合サプリ 最新一覧 By 楽天



豆乳 / 豆乳とポリアミン / 豆乳の効能 / 豆乳とコレステロール / 豆乳と美肌効果 / エクオール / 豆乳とバストアップ / 豆乳と育毛 / 豆乳と貧血 / 豆乳の摂取量 / 狭心症と大豆 / 豆乳おからクッキーダイエット / 大豆イソフラボン / 大豆でメタボ対策?
| 大豆

大豆イソフラボン

大豆は栄養学的に非常に優れた食品であり、古来より日本、中国を中心としたアジアでは独特の大豆食事文化圏を形成しています。栽培については諸説ありますがおよそ4000年前に中国で野生種の大豆の栽培が始まったとされています。



日本に渡来したのは縄文時代の遺跡から出土例があることから、その頃に中国より伝来したものと思われます。古事記や日本書紀にも栽培の記載が見られます。



大豆に含まれているイソフラボン化合物は、体内の女性ホルモン(エストロゲン)に似た成分であることが知られています。日本やアジアの更年期女性が欧米諸国の女性に比べて、その状態が比較的おだやかであるという研究報告があります。



エストロゲンは体内のカルシウムをコントロールする物質の一つで、カルシウムが骨から過剰に溶け出すのを防ぐとともに、骨形成を促進する働きもあります。このため、イソフラボンは、特に女性ホルモン分泌が減少して骨粗鬆症になりやすくなる更年期の女性に有効と考えられています。



なお、骨密度を高く維持するためには、一日に40mg程度のイソフラボンを摂取することが望ましく、豆腐では約100g、納豆なら約60gを毎日食べればよいとされていますが、現在の日本人の一日当たりの推定イソフラボン摂取量は約18mgといわれています。



日本人は、大豆製品からイソフラボンを摂取し、小魚などからカルシウムを多く取っていましたが、近年の食生活の変化により、骨粗鬆症などが話題を集めるようになってきています。だから、更年期の女性や骨のことを考える方に、大豆イソフラボンはおすすめの素材なのです。


大豆イソフラボン・サプリ 最新一覧 By 楽天


大豆ペプチド配合サプリ 最新一覧 By 楽天



豆乳 / 豆乳とポリアミン / 豆乳の効能 / 豆乳とコレステロール / 豆乳と美肌効果 / エクオール / 豆乳とバストアップ / 豆乳と育毛 / 豆乳と貧血 / 豆乳の摂取量 / 狭心症と大豆 / 豆乳おからクッキーダイエット / 大豆イソフラボン / 大豆でメタボ対策?
| 大豆

大豆でメタボ対策?

大豆は非常に栄養豊かな食品として、日本では古くから親しまれてきたんですが、近年その機能性に注目が集まっています。今話題のメタボリックシンドロームに対する食材として非常に有効なんです。


まずコレステロールに対しては、大豆タンパク質は、血中コレステロールを低下させる作用があることが明らかになっています。消化されなかった大豆たんぱく質は、対外に排出されるときに結合した胆汁酸と共に排出されます。


そうすると体内では、減少した分の胆汁をコレステロールから生成します。そのために体内のコレステロールが使用されることになるのでコレステロール値が低下することになるんです。


さらに、大豆油に30%程度含まれるオレイン酸は、血液中の善玉コレステロール(HDL)を増加させ、血中コレステロールを低下させる効果があるんです。このことで、血液をさらさらにするわけです。



そして、大豆は、レシチンと呼ばれるリン脂質を多く含んでいますが、この、大豆レシチンは、肝臓の脂肪を乳化させ血液に送り出し易くするとともに、レシチンの主要成分であるコリンは、血中の総コレステロールを低下させるんです。


さらに、コリンを材料とするアセチルコリンは神経伝達物質の役目をもっていて、コリンを補給することによって記憶力・集中力の増加や加齢に伴う記憶障害の改善が期待できるんです。



さらに高血圧に対しては、大豆タンパク質が分解されてできるペプチドは、血圧の調節に関与する酵素であるアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを強力に阻害することがわかっています。


このACEの働きを抑えると血圧の上昇を抑制する効果が認められていて、実際にACE阻害剤は血圧下降剤として用いられているため、大豆タンパク質にも血圧上昇の抑制効果があると考えられます。さらにペプチド類は抗酸化作用をもつことが知られています。



そして、肥満に対しては、一般的にタンパク質を摂取すると、交感神経が刺激され活性化して、褐色細胞組織という体重を調節する機能のある組織での熱産生が高まりエネルギーを消費することができるのですが、大豆タンパク質を摂取すると、この余分なエネルギーを消費する作用がほかのタンパク質に比べて大きいことがわかっています。したがって、肥満防止に効果があると考えることができるんです。



それから、生の大豆に含まれているトリプシンインヒビターという物質が、B細胞を増殖させ、インスリンを増加させるために、糖尿病の治療や予防に役立つことが期待されています。なお、トリプシンインヒビターは、加熱することにより活性がなくなりますので、普通の大豆製品(豆腐、納豆など)から摂取することはできません。




どうですか、まるでメタボのための食材です。近頃では、大豆を使ってダイエット用クッキーが作られています。しかし、良いことだけではないようです。大豆油は、あまり摂りすぎると体に良くないようなんです。さらに人によってはアレルギーを起こすこともあるようなんです。ですが、畑の牛肉といわれるほど栄養豊かな大豆はわれわれにとってはなくてはならない食材なんです。


大豆ペプチド配合サプリ 最新一覧 By 楽天


豆乳 / 豆乳とポリアミン / 豆乳の効能 / 豆乳とコレステロール / 豆乳と美肌効果 / エクオール / 豆乳とバストアップ / 豆乳と育毛 / 豆乳と貧血 / 豆乳の摂取量 / 狭心症と大豆 / 豆乳おからクッキーダイエット / 大豆イソフラボン / 大豆でメタボ対策?
タグ:メタボ 大豆
| 大豆

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。