スポンサードリンク


ウコンと二日酔い

ウコンが二日酔いの予防に効果があるといわれています。ウコンにはいくつか種類がありますが、一般的にウコンといえば秋ウコンを指します。



秋ウコンは、インド原産のショウガ科の植物のウコンの一種ですが、たくあんの黄色の着色料として、古くからなじみのあるものです。その黄色の色素の主成分はクルクミンです。



秋ウコンが二日酔いの予防に効果があるとされるのは、クルクミンが、二日酔いの原因物質といわれるアセトアルデヒドの分解を約50%促進するといわれているからです。またクルクミンはアルコールに溶けやすい性質があるので、お酒を飲む前後にウコンを飲むことは、クルクミンをからだに吸収するためにも良いことといえます。



秋ウコンが含むクルクミンは、さらに、胆汁の分泌を促す作用があります。胆汁は、肝臓から分泌される消化液で、主に脂肪分を乳化し膵液リパーゼ等の機能を高めることで肝臓の消化、吸収を助ける働きがあります。肝機能が弱ると胆汁の分泌が減少し、肝臓への負担が増してきます。クルクミンは胆汁の分泌を促進させて、肝臓の働きを助けます。



そのため、ウコンは、健康な人が、一時的に肝臓を元気にするために摂るのは効果があると考えられています。しかし、肝臓に疾病を抱えている人は、注意が必要なようです。



例えば、C型肝炎や、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の方は、鉄分の摂取が制限されていて、摂取の上限は、1日当たり6mgとされています。



ウコンの製品のなかには、鉄分を多量に含んでいるものがあります。鉄分の含有量を表示している製品もありますが、表示していないものもあります。



C型肝炎や、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の方など、鉄分の摂取が制限されている方は、ウコン製品の鉄分の含有量を確認して摂取する必要があります。



C型肝炎などの方では、鉄分の調整機構が上手く働かないため、鉄分が過剰に肝臓に蓄積されることになります。鉄分は体内に酸素を供給する赤血球中のヘモグロビンを構成する栄養素のひとつで、貧血予防の成分として知られています。



しかし、鉄分が過剰な場合、鉄が肝細胞内で鉄イオンになるときにフリーラジカルが大量に発生して、肝臓の細胞膜やDNAを傷つけるため、肝炎の進行や肝がんの発生に影響をあたえていると現在では考えられています。



さらに、肝臓細胞の働きを抑えてしまう傾向があるとも考えられています。したがって、サプリメントなどで多量に長期連用するには十分な注意が必要と思われます。さらに、多量の摂取をしてはいけない人として胆汁管障害または胆石のある人と胃潰瘍または胃酸過多の人があげられています。

ウコン・サプリ 最新一覧 By 楽天



ウコン / ウコンとストレス

ウコンとストレス

ウコンは、一時的なストレスに対して効果があるといわれています。ウコンは、肝臓機能を増強することで二日酔いに効果があることはよく知られています。



そして、肝臓機能を増強することはストレスにも効果があるんです。肝臓は、アルコールの分解能があるだけでなく、代謝、排出、解毒、体液の恒常性の維持などにおいて重要な役割を担っています。



その働きは少なくとも500以上あるとされ、これと同機能を持つ化学工場は作れないとも言われるほど多機能であるため、人工臓器としての実用化が非常に難しい臓器です。



したがって、肝臓の働きが衰えるとその影響は全身に及びます。ストレスが加わると人は、交感神経が優位となり、副交感神経の働きが弱まります。肝臓を始めとした臓器を動かす神経は副交感神経であるため、ストレスがあると、肝臓はうまく働けない状態が続くことになります。



そこで、ウコンによって肝機能を増強すると全身の働きを活性化し、ストレスに強い体にすることが出来ます。一時的に強いストレスにさらされたときなどは、ウコンが効果的といわれています。

ウコン・サプリ 最新一覧 By 楽天

ウコン / ウコンと二日酔い

ウコン

ウコンとは、熱帯地域に産するショウガ科の植物です。カレー粉のターメリックやたくあんの色づけなど、古くから食用として利用されていて、インドや中国では伝承的に使われてきました。


日本の主産地である沖縄県では、昔から大酒を飲むお祭りの前に、ウコンを擦って飲む人も多いそうです。ウコンは、お酒を飲むことが多い人にとっては、肝臓のことを思いやるために適した素材といえます。


ウコンは、肝臓の働きを助け、肝臓が分泌する消化液胆汁を増やすことで、悪酔いを防ぐほか、体内の有害物質の排泄を助けます。
その秘密はウコン抽出物に含まれるクルクミノイドと精油成分にあります。


クルクミノイドは活性酸素に関わり、肝機能を強化し、胆汁分泌を促進する作用や利尿作用があるため、肝炎などの肝機能障害に有効な成分です。


精油には殺菌成分があるとして注目されています。例えば、ターメロンは、胆汁の分泌を促進する作用とともに、鮮魚寄生虫アニサキスの成長を抑制する作用があるとされています。そのほかの成分では、胆汁の分泌を促進する作用のほか、健胃作用、殺菌作用、防腐作用などの幅広い効果があります。


さらに体内のコレステロールを溶かすことで、いま話題のメタボリックシンドロームでのコレステロールを血液中から減らす効果があり、動脈硬化の原因となる過酸化脂質も減少させます。ですから、尿道結石や動脈硬化に有効なことや、もろくなった血管を修復することで血管に弾力性を持たせることができるとされています。実際に、循環器を中心に認知症の予防、喘息、アトピーなど広範囲に効果を上げています


また、がんに対して一定の効果があるとされていて、なかでもクルクモールは、中国では子宮がんの治療に用いられているようです。


ウコンは、さらに、ビタミンEなどに匹敵する強い抗酸化作用を持ち、喫煙や老化に伴って増える遺伝子の障害を防ぐとされています。そして、ヘリコバクター・ピロリ菌を抑え、胃の働きをよくし、ほかの多くの細菌を殺菌する効果があるとされています。


日本では、秋ウコン、ガジュツ、春ウコンの3種類がよく知られていますが、クルクミノイドと精油成分を多く含むのは秋ウコンです。



ウコン・サプリ 最新一覧 By 楽天



ウコンと二日酔い / ウコンとストレス

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。