スポンサードリンク


ビール酵母とは

ビール酵母とは、ビールの醸造にもっとも適した酵母です。ビールを製造するときに欠かせないものです。ビールは、大麦を発芽させた麦芽を煮て作った汁である麦汁を発酵させたもので、この「発酵」に欠かせないものが、「ビール酵母」なのです。



麦汁のなかに入れられた酵母は、麦汁のアミノ酸やミネラルなどの栄養を吸収しながら増殖して、アルコールと炭酸ガスを作りだします。これがビールとなり、この行程を「アルコール発酵」といいます。



麦汁が発酵を終えたときに、ビールとともに、栄養に満ち溢れたビール酵母も出来上がるんです。このビール酵母を洗浄、熱処理して酵母菌としての活性をなくしたものが乾燥ビール酵母です。



酵母というのは、食物を発酵させて、人間に役立つものをつくりだしてくれる微生物のことをいいます。ヨーグルトの発酵には「乳酸菌」が必要なのと同じように、パン・日本酒・ビールを生産する上で欠かせないものが「酵母」なのです。



ビールに使用される酵母菌は、サッカロミセス属という種類で、これはパン酵母と同じものです。このサッカロミセス属にも種類は無数にあって、酵母のわずかな違いでビールの味に変化が生じるんだそうです。



パンの発酵に酵母が使われているのにもかかわらず、パンのほうにはアルコールが発生しないのは、酵母菌がアルコール発酵をするのに適した条件というのが、水中などの酸素の少ないところだからです。パンを作るときにもアルコールは少量発生するのですが、焼いた時点でなくなってしまいます。だからパンにはアルコールが含まれていないのです。



そしてビール酵母にもアルコールは含まれていません。これは洗浄・乾燥させた段階ですべて蒸発してしまうからです。酵母が麦汁にいれられ、発酵が始まった段階で、初めてアルコールと炭酸ガスが生まれます。アルコールを含んだ、お酒としての美味しい部分が「ビール」へ。そしてアルコールを含まない、栄養をたっぷりと吸収した部分が、「ビール酵母」となるのです。



ビール酵母には、ビタミンB群、必須アミノ酸、さらにカリウム・リン・亜鉛などのミネラルや食物繊維など、それぞれの栄養素がバランス良く含まれています。ですから、毎日の食生活が不規則な方や緑黄色野菜の不足がちの方にはおすすめです。


ビール酵母 タブレット・カプセルタイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 顆粒・粉末タイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 チュアブルタイプ 最新一覧 By 楽天

楽天で売れてる!飲み会翌日対策サプリ⇒『え!ウコンじゃないの!?』





ビール酵母とは / ビール酵母の効能とタブー / ビール酵母とアレルギー / ビール酵母と糖尿病 / ビール酵母でダイエット? / ビール酵母は肩こりに効く? / ビール酵母で冷え性解消? / ビール酵母とミネラル / ビール酵母と核酸 / ビール酵母で便秘解消?
タグ:ビール酵母

ビール酵母の効能とタブー?

ビール酵母の効能

○胃腸障害の予防や整腸作用・食欲不振・胃もたれ、消化不良に
ビール酵母は、乳酸菌などの腸の働きに役立つ菌を増殖させたり、消化力を高め食欲を促進させる効能があり、弱った胃腸の働きを活発にします。



○滋養強壮・栄養補給・栄養障害に
ビール酵母には、人体に欠かせないビタミンB群・必須アミノ酸・ミネラル・核酸・食物繊維などをバランスよく含んでいます。これらの栄養素の補給や、偏食などによる栄養障害を起こしがちな方々の栄養状態の改善に役立ちます。また、ビール酵母の栄養成分のひとつである、グルタチオンは抗酸化作用がある栄養成分で活性酸素のために細胞が酸化するために起こる、お肌の老化などを予防する効果があるといわれています。



○飲み過ぎ・吐き気・胸やけに
ビール酵母に含まれるビタミンB1・B2、ニコチン酸、パンテトン酸等は、エネルギー代謝機能を円滑にします。また、これらの成分が、飲み過ぎ、吐き気の症状に効果を発揮します。


○免疫力の強化


○コレステロール低下の効果



ビール酵母のタブーとは?

『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』というのがあります。その『生活指導』の中の食事療法では『1日400mgを目安にしたプリン体の摂取制限』が示されています。食事から摂取されるプリン体は体内で最終的に尿酸に代謝されて尿酸プールを増大させると考えれていることから制限が設けられているんです。



プリン体とはプリン骨格を持つ物質の総称で、プリン塩基、プリンヌクレオシド、ATP などのプリンヌクレオチド、さらに核酸に含まれます。ビール酵母には、100グラムで2996.7mgのプリン体が含まれているとされています。スプーン一杯5グラムで150r弱です。食物のあらゆるものにプリン体が存在するため、その上に、ビール酵母を摂取するとプリン体の摂取量が400mgを超える可能性が高いのです。そのため、尿酸値の高い人に対しては、ビール酵母の摂取をタブーとされているわけです。


ビール酵母 タブレット・カプセルタイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 顆粒・粉末タイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 チュアブルタイプ 最新一覧 By 楽天


楽天で売れてる!飲み会翌日対策サプリ⇒『え!ウコンじゃないの!?』






ビール酵母とは / ビール酵母の効能とタブー / ビール酵母とアレルギー / ビール酵母と糖尿病 / ビール酵母でダイエット? / ビール酵母は肩こりに効く? / ビール酵母で冷え性解消? / ビール酵母とミネラル / ビール酵母と核酸 / ビール酵母で便秘解消?
タグ:ビール酵母

ビール酵母とアレルギー

ビール酵母の効能の一つにアレルギーの改善効果があります。ビール酵母には核酸が含まれています。その核酸が、アレルギーを引き起こす免疫に対して大きな影響を及ぼしていることがわかっています。



喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患では、血液中にIgE抗体が増えることがわかっています。IgE抗体とは、もともと寄生虫を攻撃して排除する免疫システムの最前線の働き手で、回虫などの寄生虫が身辺にいた時代には、寄生虫に悪さをさせないためにIgE抗体が役立っていたのです。



しかし、寄生虫は今、私たちの周囲から駆逐され、ほとんど姿を消してしまいました。そのため働く場所のなくなったIgE抗体は、寄生虫の代わりに、花粉や埃、ダニなど本来、体にとって害の少ないものに反応するようになったのです。これがアレルギーを増やしている大きな原因の一つだと考えられています。



核酸はこのIgE抗体が作られるのを抑える働きがあるんです。したがって、核酸を含むビール酵母は、アレルギーの改善に効果があるとされています。そして、できれば、サケの白子のDNAを一緒に摂れれば効果は高いものになると思われます。



なお、一部でビール酵母に対してアレルギー反応を示す方があるようです。もしそのような症状が見られたら即座に使用を中止して医師に相談してください。

ビール酵母 タブレット・カプセルタイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 顆粒・粉末タイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 チュアブルタイプ 最新一覧 By 楽天


楽天で売れてる!飲み会翌日対策サプリ⇒『え!ウコンじゃないの!?』





ビール酵母とは / ビール酵母の効能とタブー / ビール酵母とアレルギー / ビール酵母と糖尿病 / ビール酵母でダイエット? / ビール酵母は肩こりに効く? / ビール酵母で冷え性解消? / ビール酵母とミネラル / ビール酵母と核酸 / ビール酵母で便秘解消?

ビール酵母と糖尿病

ビール酵母が含む核酸は、活性酸素を還元して無力化する抗酸化作用をもつんですが、活性酸素は糖尿病に深い関わりを持っています。インスリン分泌細胞やインスリン受容細胞の細胞内のミトコンドリアで、糖からエネルギー(ATP)を産出していますが、 この過程で発生した活性酸素がミトコンドリアにダメージを与えることがあります。


その結果、エネルギーが作られず、糖も使われない事が起こり、血液中の糖の量が増えてしまう「糖尿病」となります。このとき、ビール酵母の核酸が活性酸素の還元に関与できれば糖尿病を防ぐことが出来る可能性があるんです。



また、インスリンを産出するすい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞は活性酸素の攻撃に弱いために、活性酸素に攻撃されてダメージを受けると、インスリンの産出が減ってしまうことが考えられます。結果、血液中の糖の量が増えて「糖尿病」となります。このときも、ビール酵母の核酸が活性酸素の還元に関与できれば糖尿病を防ぐことが出来る可能性があるんです。



さらに糖尿病になると増加した糖は全身の多くの組織や臓器でタンパク質などと反応を起こします(グリケーション)。 この反応で活性酸素が発生し、組織や臓器を攻撃することによって、糖尿病の合併症の発生を引き起こすことになります。


合併症としては、網膜症(失明することもある)・腎不全・心筋こうそく・脳血管障害・神経障害などが考えられます。このときも、ビール酵母の核酸が活性酸素の還元に関与できれば糖尿病の合併症を防ぐことが出来る可能性があるんです。



さらにビール酵母の核酸は細胞の増殖を活発にします。インスリンの分泌を促進してくれるのです。また核酸の代謝物のアデノシンは、抹消血管を拡張してくれます。血液の循環が悪化することにより体液が酸性に傾くと、インスリン受容体の働きが悪くなります。アデノシンはインスリン様の働きをします。酸性に傾いた体液をもとに戻す働きをもつため、血中の糖分が細胞にスムーズに吸収され、糖尿病を改善してくれます。



ビール酵母に含まれる核酸の中のプロタミンというタンパク質には、インスリンの分泌を促す働きがあることが認められているので、インスリン依存型の糖尿病にも有効です。


ビール酵母 タブレット・カプセルタイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 顆粒・粉末タイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 チュアブルタイプ 最新一覧 By 楽天


楽天で売れてる!飲み会翌日対策サプリ⇒『え!ウコンじゃないの!?』





ビール酵母とは / ビール酵母の効能とタブー / ビール酵母とアレルギー / ビール酵母と糖尿病 / ビール酵母でダイエット? / ビール酵母は肩こりに効く? / ビール酵母で冷え性解消? / ビール酵母とミネラル / ビール酵母と核酸 / ビール酵母で便秘解消?



糖尿病でお悩みの方へ。スーパー糖尿病改善プログラム

ビール酵母でダイエット?

ビール酵母にはアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸ダイエットという言葉が一時流行しましたが、それにはある程度の理論の裏づけがあったんです。



ビール酵母に含まれるアミノ酸の中のアルギニン・リシン(リジン)・グルタミンは、脳下垂体の成長ホルモンを刺激し、脂肪細胞中の体脂肪を分解し血液中に遊離脂肪酸として放出するのを促すことで、脂肪を肝臓や筋肉で燃焼されやすくしてくれるんです。



唐辛子に含まれるカプサイシンは、交感神経を刺激することによって全身を活性化してエネルギーを多く作り出そうとします。ビール酵母に含まれるアミノ酸のヒスチジンも同様の作用を持っているんです。



ヒスチジンから作られるヒスタミンが交感神経を活性化して脂肪を燃焼させることによってエネルギー作り出すことを促すんです。さらにヒスチジンも体脂肪が使われやすいように血液中に体脂肪を放出します。



血液に放出された脂肪分を細胞の燃焼する場所まで運ぶのがカルニチンです。カルニチンは、ビール酵母に含まれるアミノ酸のチチオニンとリシンから作られます。


さらにアルギニンが一酸化窒素を作り出すことで血管を拡張して血液の流れを良くすることで、放出された脂肪を運びやすくします。カルニチンで運ばれた脂肪分はさらに小さな物質になり私たちのエネルギーをつくり出す回路であるクエン酸サイクルに取り込まれます。



そして、ビール酵母に含まれる、アラニン・アスパラギン酸は、クエン酸サイクルの大切な構成物であるオキサロ酢酸へと変換されることで、クエン酸サイクルが円滑に行われるのを助けます。



ビール酵母には核酸が含まれています。核酸の中のプロタミンには、体内の脂肪の吸収を抑制する働きがあります。さらに核酸を摂る事で、身体全体の細胞分裂や細胞の働きが活発になり、基礎代謝量を増加させることができるんです。



このようにして、ビール酵母は私たちの体内にある脂肪の燃焼を積極的にサポートしてくれるという効果・効能を持っているんです。


ビール酵母 タブレット・カプセルタイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 顆粒・粉末タイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 チュアブルタイプ 最新一覧 By 楽天

楽天で売れてる!飲み会翌日対策サプリ⇒『え!ウコンじゃないの!?』





ビール酵母とは / ビール酵母の効能とタブー / ビール酵母とアレルギー / ビール酵母と糖尿病 / ビール酵母でダイエット? / ビール酵母は肩こりに効く? / ビール酵母で冷え性解消? / ビール酵母とミネラル / ビール酵母と核酸 / ビール酵母で便秘解消?
タグ:ビール酵母

ビール酵母は肩こりに効く?

ビール酵母には、身体組織の生成に関係する核酸や身体のタンパク質の基となるアミノ酸、造血作用のあるビタミンB群、糖代謝などに関係するミネラルなどをバランスよくそして豊富に含んでいます。


アミノ酸には、私たちの身体の中では作れず、食べ物として摂る必要のある必須アミノ酸がありますが、ビール酵母には、すべての必須アミノ酸が豊富に含まれています。この点からビール酵母は、最もよくできた自然のサプリメントといえます。肩こりや慢性疲労の解消にはアミノ酸の摂取が効果があります。



人の背中の脊柱起立筋や骨盤を支える腸腰筋は、身体の中心にあることから、ボディーコアといわれています。このボディーコアが弱り、身体にゆがみが生じることが肩こりや慢性疲労を引き起こす一因でもあります。つまり、弱ったボディーコアを活性化すればおのずと肩こりや慢性疲労が解消することが考えられるのです。そのために必要なことは二つあります。



一つは、簡単なことなんですが、日常の動作の中で、常に姿勢を良くしてボディーコアを意識することです。意識することで、ボディーコアの筋肉が緊張し鍛えることが出来るのです。実は、これらの筋肉は通常の筋肉トレーニングでは鍛えることが出来ないんです。強い力を加えるよりも小さな力を継続的に加えることでしか鍛えることが出来ないんです。



もう一つが、ビール酵母に含まれていて筋肉の主材料であるアミノ酸、特に「BCAA」やアルギニン・グルタミンを摂取することです。


BCAAは、バリン・ロイシン・イソロイシンの3種類のアミノ酸の総称です。分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids)と呼ばれていて、BCAAはこの頭文字から名付けられました。BCAAは筋肉を構成するたんぱく質中の必須アミノ酸の約35%を占めています。


これらを豊富に摂取すると、筋肉のダメージの回復を早めることが出来たり、体内で運動エネルギーとしても使われるんです。ですから、例えば、運動前に補給すると、スタミナを長時間持続させることが出来たりします。



ビール酵母に含まれるアルギニンは一酸化窒素を作り出すことで血管を拡張し血流を改善する効果をもたらします。そしてヒスチジンは血管をやわらかくしなやかにすることが知られています。ですから、ビール酵母を摂ることで、体内の血流の改善が見込めることで、肩こりなどの、症状の緩和が期待できます。そして、ビール酵母に含まれるアミノ酸が弱った筋肉に直接働いて痛んだ箇所を修復してくれるのです。



ビール酵母 タブレット・カプセルタイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 顆粒・粉末タイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 チュアブルタイプ 最新一覧 By 楽天


楽天で売れてる!飲み会翌日対策サプリ⇒『え!ウコンじゃないの!?』





ビール酵母とは / ビール酵母の効能とタブー / ビール酵母とアレルギー / ビール酵母と糖尿病 / ビール酵母でダイエット? / ビール酵母は肩こりに効く? / ビール酵母で冷え性解消? / ビール酵母とミネラル / ビール酵母と核酸 / ビール酵母で便秘解消?
タグ:ビール酵母

ビール酵母で冷え性解消?

ビール酵母に含まれるアミノ酸のアルギニンは一酸化窒素を作り出します。一酸化窒素は血管の平滑筋を弛緩させる作用があるんです。それによって動脈を拡張させ血流量を増やす働きをもたらすんです。



また、一酸化窒素は血球が血管壁にくっつくのを防いだり、血管壁が肥厚するのを抑制します。そして、悪玉コレステロール(LDL)の酸化を抑制するなどで動脈硬化予防にも重要な働きをしています。このようにビール酵母は血管の健康に重要な役割を果たすことが出来るんです。



血管は栄養素などを体のすみずみにまで運ぶ道路と考えることが出来ますが、血管をしなやかに健康に保つことは非常に重要なことです。また、老廃物などを滞りなく運び出すことも同じく重要なことです。血液がよどみなく流れることで、冷え改善やむくみ改善、肩こりや肌トラブルの改善など、様々な健康作用が期待できるのです。



さらにビール酵母には核酸が含まれているんですがその核酸の成分であるアデノシンは強力な末梢血管拡張作用があります。つまりビール酵母はアミノ酸のアルギニンと核酸のアデノシンという二つの血管拡張機能を併せ持っているんです。



そしてビール酵母はビタミンB群を豊富に含んでいます。これらのビタミンは造血作用に力を発揮します。したがって、ビール酵母を摂ることによって体内の血流を改善することが期待されます。血流が改善されると冷え性の改善が望めます。また男性機能の改善にも効果が期待できます。



ビール酵母 タブレット・カプセルタイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 顆粒・粉末タイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 チュアブルタイプ 最新一覧 By 楽天


楽天で売れてる!飲み会翌日対策サプリ⇒『え!ウコンじゃないの!?』





ビール酵母とは / ビール酵母の効能とタブー / ビール酵母とアレルギー / ビール酵母と糖尿病 / ビール酵母でダイエット? / ビール酵母は肩こりに効く? / ビール酵母で冷え性解消? / ビール酵母とミネラル / ビール酵母と核酸 / ビール酵母で便秘解消?

ビール酵母とミネラル

ビール酵母はさまざまなミネラルを含んでいます。ミネラルは、無機質ともいいます。ミネラルは、身体を構成している元素のうち、水素(H)、炭素(C)、窒素(N)、酸素(O)の4元素以外の元素のことをいい、糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び五大栄養素の一つとして数えられています。ビール酵母には10種類を超えるミネラルが含まれています。



ビール酵母の含むミネラルのそれぞれの含有率はひじょうにバランスの取れたものです。ミネラルは、人の性別、成長段階等によって必要な種類や量は微妙に異なります。また、欠乏症だけでなく過剰症も起こしうるので、ただ「多めに摂ればよい」というものではない、とてもデリケートな面をもっています。



歯や骨などの成分となったり、体液成分として水素イオン濃度や浸透圧の調節などに関与したり、血液、ホルモン、酵素などの成分となるなど重要な栄養素の一つです。ミネラルは、相互に関連しあって働く性質が高いため、1種類を単独で摂るよりもビール酵母のようにバランスよく含んでいるものを摂る方がよいといわれています。



亜鉛は、タンパク質の合成にかかわる酵素など200種類以上の酵素の構成成分として重要です。ふつうに食事をしていれば不足の心配はないといわれるミネラルですが、食品を加工する過程で失われることが多く、インスタント食品やファーストフードをとることの多い偏った食生活をしていたり、極端なダイエットをしていると不足しがちです。



亜鉛が不足するとインシュリン分泌に障害が出て、糖尿病になることから、別名「糖尿病のミネラル」といわれています。膵臓でタンパク質よりインスリンを合成する際に不可欠の作用をするのが亜鉛です。亜鉛は微量ミネラルで体の中にあまり蓄えておくことができません。また一度にたくさん摂り過ぎるのもよくありませんので、毎回の食事で効果的に補うことが大切です。



クロムは、アミノ酸などと結合して耐糖因子(グルコース・トランスファクター)になって、糖質の代謝を改善する作用があります。体内のクロム含有量は、年令を経るごとに少なくなり、インスリン・レセプターの感受性を下げ、糖尿病を発生させる原因の一つになると考えられています。ただ、日本人の場合は、魚介類・穀物・海藻などをしっかり食べていれば、十分補えているようです。



マグネシウムは、ミネラルのバランスをとるミネラルといわれ、健康維持のために欠かせないミネラルで、インスリンレセプターの感受性をよくすると考えられています。またカルシウムとのバランスも大事ですが、マグネシウムはストレスで失われやすいので、ストレスの多い人は、それだけマグネシウムの補給が必要になります。



カルシウムは、体内にあるカルシウムの99%が骨や歯にあります。残りの1%ほどが血液中などにあり、さまざまな代謝活動をつかさどっています。食事からのカルシウム摂取が不足すると、骨からカルシウムが引き出され過ぎて骨や歯がもろくなります。女性に多い骨粗鬆症の原因でもあるわけです。しかも、そのときに必ず必要量以上を引き出してしまうので、血液中にカルシウムが過剰の状態となり血管壁に沈着して動脈硬化の原因になりやすく、糖尿病合併症の進行を早めます。



カリウムはナトリウム(塩分)とバランスを取って働くミネラルで、高血圧や生活習慣病予防に効果的なミネラルです。カリウムが不足すると、高血圧以外にも神経過敏などの神経症状や不整脈・心不全などの心臓症状、脱力感・筋力低下・しびれなどの筋肉異常が起こりやすくなり、食欲不振・吐き気・便秘などの症状も起こります。糖尿病患者は、尿中にカリウムが排出されやすくなるとされ、注意が必要です。



セレンは、ビタミンEとともに優れた抗酸化作用のあるミネラルです。活性酸素から細胞を守り、インスリンレセプターの感受性を改善することに効果的です。セレンは、活性酵素を無害化する「グルタチオンペルオキシダーゼ」などとの関与が認められています。しかし、必要量の幅が非常に狭く、過剰の場合毒性があるとされています。



マンガンは、糖質やタンパク質の代謝に働くほか、正常な骨や生殖器の発達を助けるミネラルで、インスリンの合成にも必要なミネラルです。カリウムと同様に糖尿病患者は、尿中にマンガンが正常な人より多く流出するようなので、注意が必要です。



ビール酵母 タブレット・カプセルタイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 顆粒・粉末タイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 チュアブルタイプ 最新一覧 By 楽天


楽天で売れてる!飲み会翌日対策サプリ⇒『え!ウコンじゃないの!?』





ビール酵母とは / ビール酵母の効能とタブー / ビール酵母とアレルギー / ビール酵母と糖尿病 / ビール酵母でダイエット? / ビール酵母は肩こりに効く? / ビール酵母で冷え性解消? / ビール酵母とミネラル / ビール酵母と核酸 / ビール酵母で便秘解消?

ビール酵母と核酸

ビール酵母には核酸が含まれています。核酸はタンパク質の一種で、わたしたちの成長・生殖・遺伝に関係する重要な物質です。核酸にはDNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)がありますが、ビール酵母に含まれている核酸のほとんどはRNAです。


RNAは遺伝情報を伝達するDNAの情報を読み取りそれにしたがってアミノ酸からタンパク質を合成したり、新しい細胞を作るときの材料となるなどとても大切な役割を担っています。



ビール酵母の核酸は強い抗酸化力を持っています。その威力はビタミンEよりも強力であるとされています。がんや各種アレルギーそして脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病などを引き起こすといわれる余分な活性酸素を無害化してくれるのが抗酸化物質であり、そのひとつがビール酵母の核酸なんです。



ビール酵母の核酸の持つ抗酸化作用は認知症の防止にも役立ちます。認知症にはアルツハイマー型と脳血管性のものがあります。アルツハイマー型は活性酸素が関与していることがわかってきました。


脳内の脂質が異常に酸化することで、リポフスチンいう物質がつくられ、それが脳内に蓄積することが原因とみられています。リポフスチンが溜まると記憶力が弱まることが研究で確認されています。つまり、ビール酵母のRNAが、脳内の脂質をその抗酸化作用で酸化から守ることで、アルツハイマーを予防することが出来るんです。



さらに脳血管性の認知症は脳の血流が悪くなる為に起こるとされています。ビール酵母のRNAの成分のアデノシンは末梢血管を拡張して血流を良くする作用があります。ですから、この脳血管性の認知症にもビール酵母のRNAは効果的といえます。



ビール酵母のRNAの成分のアデノシンの持つ、強力な末梢血管拡張作用は、血流を良くすることで、血流障害と非常に密接な関係にある冷え性や肩こりなどにも、効果があると期待されています。またアデノシンの働きで胃腸の血流量も増加するので、消化力のアップも期待できます。



ビール酵母の核酸は新陳代謝を促進します。これは体内のエネルギー代謝(カロリー消費)を促すことになります。つまり、なにもしなくても体内のカロリーが消費され、必然的にダイエットにつながるんです。さらに、アデノシンには糖の分解を遅らせる働きもあります。これもダイエットには効果的なことです。



ビール酵母の核酸は腸内においては腸の細胞の新陳代謝を促し腸の絨毛の発育を促すことで、腸から病原菌が吸収されるのを防ぐと同時にビフィズス菌を増やすことで悪玉菌を減らし、O-157などからの感染からも守ってくれます。



実は、核酸は肝臓でアミノ酸などから合成(デノボ合成) できます。そして、ビール酵母のように食物からとった核酸を各細胞で再利用(サルベージ合成)することも出来ます。


従来はデノボ合成によって、核酸は体内で生産されるのであえて摂取する必要は無い、とされてきました。ところが、肝機能は年齢とともに衰えていきます。特に20歳を過ぎる頃から、デノボ合成力は急激に低下します。細胞も老化していきますから新陳代謝も悪くなり、遺伝子(DNA)の修復能力も弱くなります。



一般的にいえば、一日に必要な核酸量はDNA・RNA合わせて2g程度といわれています。通常の食事から1gの核酸が摂取できるといわれていますので、1g程度が不足していることになります。実際には例えば、高核酸食の人や若年者は0.5g、低核酸食の人や高齢者は1.5g程度が補給量の目安になるようです。


ちなみに、DNAは、食品中では鮭の白子(精巣)が突出して大量に含まれています。ですから、核酸を摂る際の理想は、DNAの多い鮭の白子とRNAの多いビール酵母とこれら核酸を細胞に取り込むときに必要とされるコラーゲンとビタミンCの4者を同時に口にすることだとの説もあります。



核酸は体内で合成できるんですが、外から核酸を取り入れても体内での核酸の量は一定に保たれています。私たちのからだには自動調節機能が備わっているんです。ですから、例えば、ビール酵母を摂ることで大量にRNAが体内にあるときは、肝臓は、DNAをつくることに集中することでバランスをとるんです。つまりRNAをとることでDNAを増やすことが出来るんです。



DNAとRNAが充分にあると新陳代謝が活発に行われます。その結果カロリー消費が増えてダイエットにつながるといわれています。また、DNAが作り出すプロタミンというタンパク質には脂肪の吸収を遅らせる働きがあります。ビール酵母を摂るとダイエットになるといわれる理由もこんなところにあるんです。

ビール酵母 タブレット・カプセルタイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 顆粒・粉末タイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 チュアブルタイプ 最新一覧 By 楽天


楽天で売れてる!飲み会翌日対策サプリ⇒『え!ウコンじゃないの!?』





ビール酵母とは / ビール酵母の効能とタブー / ビール酵母とアレルギー / ビール酵母と糖尿病 / ビール酵母でダイエット? / ビール酵母は肩こりに効く? / ビール酵母で冷え性解消? / ビール酵母とミネラル / ビール酵母と核酸 / ビール酵母で便秘解消?

ビール酵母で便秘解消?

ビール酵母に含まれる食物繊維は他の食物繊維に比べると水分を含んだときの膨らむ度合いが数倍〜10倍大きいとされています。


食物繊維は、水分を溜め込み便をやわらかくして、通りをスムーズにしてくれます。また便のかさを増やすので腸のぜんどう運動も刺激します。さらに、ビール酵母の食物繊維には腸内環境を整える善玉菌を増やす働きもあります。



便秘にもいくつかの種類があり、大きく器質性便秘と機能性便秘の二つに分けられます。器質性便秘とは何らかの病気が原因で起こる便秘です。たいていの人は機能性便秘です。


機能性便秘はさらに一過性便秘と習慣性便秘に分けることができます。一過性便秘はストレスや緊張などがおもな原因で、ダイエットや水分不足からも便秘になります。急性ですから原因が取り除かれれば比較的はやく治ります。習慣性便秘はさらに弛緩性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘のタイプに分けられます。 いすれの便秘でもまず大切なのが腸内環境の改善です。



ビール酵母の食物繊維は、善玉菌を増やす効果を持つので、これで、腸内環境を整えて排便を促す環境を整えてくれます。そして、腸を刺激して便を押し出すぜん動運動を行うようにしなければならないんですが、ビール酵母の食物繊維は、水分を含んだときの膨張率が大きいので、その分、腸を刺激する力も大きいと推察できます。


ですから、ビール酵母を取ることによって、腸内の善玉菌が不足している人はそれを増やすことが出来、便が固い人はやわらかく排出しやすいものとなり、腸のぜん動運動が不活発な人はより活発なものとなることで、排便が促される可能性があるんです。

ビール酵母 タブレット・カプセルタイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 顆粒・粉末タイプ 最新一覧 By 楽天

ビール酵母 チュアブルタイプ 最新一覧 By 楽天


楽天で売れてる!飲み会翌日対策サプリ⇒『え!ウコンじゃないの!?』





ビール酵母とは / ビール酵母の効能とタブー / ビール酵母とアレルギー / ビール酵母と糖尿病 / ビール酵母でダイエット? / ビール酵母は肩こりに効く? / ビール酵母で冷え性解消? / ビール酵母とミネラル / ビール酵母と核酸 / ビール酵母で便秘解消?
タグ:ビール酵母

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。