スポンサードリンク


ルテインとゼアキサンチン

白内障や加齢黄斑変性症(AMD)は、加齢にともなって現れる疾患とみなされてきましたが、光による酸化ダメージにその原因があると考えられるようになってきました。


そして、光のなかでも紫外線にもっとも酸化されやすいことがわかってきました。眼の水晶体や網膜にはカロテンとしてはルテインとゼアキサンチンの存在だけが認められています。


ルテインとゼアキサンチンは、強い抗酸化力を持ちさらにもっとも眼に有害な紫外線を吸収することで眼を守ってくれていることがわかってきました。


ルテインとゼアキサンチンは常にペアで存在することから、ルテイン単独で摂取するよりも、ゼアキサンチンと複合的にバランスよく摂取したほうが効果的であると考えられます。


現代社会は光であふれています。日中の太陽の光だけではなく、夜間の照明やテレビ画面そして、パソコンのモニター画面など、光刺激そして紫外線を私たちの眼は浴び続けています。


それだけ活性酸素の脅威に曝されているわけです。その酸化作用の蓄積が、白内障や加齢黄斑変性症、視力障害、緑内障、飛蚊症、網膜はく離、など数々の眼病の原因となる可能性があるんです。

ルテインとゼアキサンチンサプリメント 最新一覧 By 楽天


カロテン / ルテインとゼアキサンチン / ルテイン

カロテン

カロテンといえばβーカロテンということで、緑黄色野菜のがん予防効果は当初、β−カロテンが、大きく寄与しているものと考えられましたが、喫煙者にβー力ロテン を6年間、大量投与したフィンランドの臨床研究では肺がんが逆に増加し、米国でもβーカロテンによる肺がん予防研究が同じ理由から頓挫しました。


このことから、他のカロテノイドの働きが省みられ、その結果、体内に吸収されたカロテノイドは、種類により異なる臓器に貯蔵される傾向があることや、病気になると特定の力ロテノイドの血中濃度が 下がることもわかってきました。


そして、主要カロテノイドでは、

ルテインは、眼球の水晶体と黄斑部、乳房、子宮頚部、大腸

ゼアキサンチンは、眼球の水晶体と黄斑部、乳房、子宮頚部、皮膚

βーカロテンは、すい臓、心臓、骨の中

αーカロテンは、肺や皮膚

リコピンは、乳腺、肝臓、すい臓、前立腺

にそれぞれ豊富に存在することがわかってきたんです。


つまりこれら主要5種類の得意な守備エリアがこれらの臓器と考えられるわけです。そして、眼の水晶体と黄斑部においてはルテインとゼアキサンチンしか存在しないこともわかりました。このことから、ルテインとゼアキサンチンが、目の機能強化、そして、白内障や加齢黄斑変性などの眼病予防に役立つとして、近年注目されているんです。



尚、カロテン(英: Carotene、独: Carotine)は、『五訂日本食品標準成分表』(2000年11月改訂)より、「カロチン」 ではなく 「カロテン」 と表記が統一されました。

カロテノイド配合サプリ 最新一覧 By 楽天


カロテン / ルテインとゼアキサンチン / ルテイン
タグ:カロテン

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。