スポンサードリンク


プラセンタ

プラセンタは、人などの胎盤を原料としています。人が持つものを利用することでは輸血があります。輸血は様々な場面で必要な医療手法です。また、最近では臍帯血の利用が広まっています。それと同じように、プラセンタの利用も広まってもいいものといえます。



プラセンタには様々な因子が含まれていて、栄養素もとても豊富に含んでいます。これらが相互に働くことで劇的な治療効果をもたらすこともあります。しかし、医療の現場ではどちらかといえば一般的な治療法とはいえないようです。



プラセンタでの治療に熱心な医師が存在する一方で、プラセンタを用いた治療に興味を持たない医師が存在し、むしろこちらの方が多数といえそうです。何が正しく何が誤りなのか、その判断は難しいところですが、プラセンタの利用についてはもっと議論を深める価値があるように思われます。



例えば、プラセンタは人から直接取り出すことが出来る大切な医療資源という認識を共有することがもし出来るのであれば医療において新たな展開も期待できるかもしれません。

プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天


プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ
タグ:プラセンタ

プラセンタとvCJD

プラセンタの原材料には、動物と人間の胎盤があります。プラセンタのサプリメントの場合は、動物の胎盤が原材料となります。以前は、牛の胎盤が使われていたんですが、BSE問題が発生してからは牛は使われていません。



医療機関で使用されるプラセンタ注射薬には人間の胎盤を原材料としたものが使用されています。プラセンタ注射薬は日本の病院において、正常分娩で生まれた人間の胎盤を原材料としており、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)はもちろん、梅毒・エイズ・B型及びC型肝炎などの感染症のない安全な胎盤を使用しています。



さらに、胎盤中の血液やホルモンは、製造過程で100%除去されるためにプラセンタ注射液中には、血液・ホルモンはまったく含まれることがなく、きわめて安全性の高いものです。当然のことながら、厚生労働省の厳しい基準をクリアしてはじめて「医薬品」の認可を受けているのですから、プラセンタ注射薬は、安全性についてはまったく問題がないといえます。



変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)は、牛のプリオン病であるBSEの病原因子が、種を超えてウシからヒトに伝播したものではないかと考えられています。したがって、牛の胎盤を原材料にしていないことでは危険性はないといえるんですが、ヒトからヒトへの感染はイギリスで輸血によるものが3件確認されているようです。



日本国内では幸いにしてそのような事例はないのですが、残念ながら、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の病原因子を血液から見つけ出す技術が確立されていません。したがって、国内では、プラセンタ注射による治療を受けた人による献血は受け付けていないようです。



つまり、プラセンタ注射薬は、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)に対して限りなく白なんですが、それを証明する手立てがないことでプラセンタ注射の治療を受けた人が献血することは出来ないという状態のようです。

プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタとC型肝炎

プラセンタがC型肝炎の治療に有効との報告があります。プラセンタの注射による治療が、健康保険の適用になるのは、更年期障害改善と乳汁分泌不全解消、慢性肝疾患における肝機能改善に対してだけです。



そして現在、C型肝炎の治癒にインターフェロンとプラセンタの併用による治療が可能となっています。インターフェロンは、C型肝炎ウイルスを除去できる唯一の薬とされています。



インターフェロンによるC型肝炎治療というのは、もともとは病原体を抑えるために体内で作られる物質のインターフェロンを人工的に合成することで大量に作り出し、そのインターフェロンを投与することによりウイルスの排除を期待する治療法です。



ところが、インターフェロンだけでのC型肝炎の治療では、根治に至る可能性はあるんですが、残念ながら、顕著な効果は2割の人にしか現れず、しかも、発熱・倦怠感・吐きけ・嘔吐・ウツ症状・筋肉痛など、患者にとって耐えがたい副作用を伴うという問題点も指摘されていました。



プラセンタとインターフェロンの併用によるC型肝炎の治療では、副作用を緩和でき、ほぼ100%完治にいたる可能性が大きいと報告されているようです。それには、プラセンタが持つ、副作用が強い薬と併用した場合に、その副作用を緩和する働きや、免疫力を増強する働きのあることが寄与していると考えられます。



プラセンタとインターフェロンの併用によるC型肝炎の治療には守るべきルールがあるようです。それは、インターフェロンを使用する前に半年以上プラセンタ注射の投与を週2〜3回のペースで受けることで、そうすることで、副作用もなく、再発のリスクもないとされています。それは、治療結果に基づいてのもののようです。インターフェロン使用前のプラセンタ投与が半年未満の場合、再発の可能性があるようです。



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタと更年期障害

プラセンタが更年期障害の軽減に効果が有るとされています。更年期障害とは、女性の多くが、50歳前後の閉経の時期になると悩まされる、ホットフラツシユ (顔がカーッと熱くほてる症状)、のぼせ、発汗、動悸、不眠、めまい、冷え、イライラ、ウツ症状といった心身の不調のことです。



更年期障害は、女性ホルモンの分泌が、閉経によって減少することで起こるとされているために、婦人科では、治療法として、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)を内服や注射で補う「ホルモン補充療法」を行うことが大半です。



しかし、更年期は、女性ホルモンの分泌が停止へ向かうとともに、副腎などの働きで新しいホルモンバランスを獲得し、それにからだを慣れさせなければならない大切な時期でもあります。にもかかわらず、症状の緩和だけを目的に女性ホルモンを安易に補うことは、逆にからだへの負担を増やすことになる可能性があります。



つまり、自然に反すると思える治療を行うことは、新たな病気の発生を生む可能性があるといことです。実際に、米国や英国での大規模調査では、ホルモン補充療法によって、乳ガンや心臓病、脳卒中のリスクが高まるという報告がなされているようです。



また、更年期に現れるウツ症状やイライラ、不眠などの治療のために、安易に、精神安定剤や睡眠薬を常用することもあるようです。本来、からだにとって異物である薬剤を長期的に常用することは、これも、体にとって別のリスクを背負うことといえます。



プラセンタは、漢方薬とともに、更年期障害の治療において副作用のリスクがなく、効果的な薬剤といえます。プラセンタは、更年期障害の治療において医師による注射薬の投与が保険での適用対象となっています。



さらに、注射が苦手な方には内服薬や健康食品の利用でも充分効果を得ることが出来るとされています。更年期障害の緩和には、1日にプラセンタエキス1000mg以上を目安に摂ることが推奨されているようです。

プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタとしわ(シワ)

プラセンタは肌のシワの予防、改善に効果が有るとされています。しわ(シワ)は、肌の水分と皮脂のバランスが崩れることで、肌に潤いがなくなり乾燥したり脂っぽくなったりしますが、とくに、乾燥することが原因とされています。



プラセンタにはこれらのバランスを整え、乾燥肌の予防、改善をする効果があります。プラセンタの保湿作用が肌に水分を十分に補給して保湿し、皮脂の分泌の機能を高めて皮脂の分泌を正常に戻してくれます。



プラセンタは肌の奥にある真皮の繊維に直接働きかけて、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生産を促進して、深いしわを浅くしたり、小ジワを目立たなくしたり完全に失くすることも可能とされています。



コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が配合されている化粧品が数多く存在します。これら、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は分子が大きく、真皮に浸透させることは難しいといわれています。そのため、保湿効果は望めるものの、深いしわやたるみの修復のための効果を望むのは難しいといえるようです。



プラセンタは、脂溶性ビタミン、ステロイドとならんで、真皮にまで浸透する物質として知られています。プラセンタは真皮にまで浸透することで、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生産量を増やし、肌の新陳代謝を良くして、肌に弾力を与えて深いしわやたるみを修復、改善する効果が有るとされています。

プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタとしみ(シミ)

プラセンタは、肌のシミの予防、改善に効果があるといわれています。肌のシミは、紫外線を浴びることで過剰に作られるメラニン色素が大きな原因です。紫外線を浴びすぎると、肌の表面に活性酸素が大量に発生し、肌の細胞に損傷を与えて炎症を引き起こします。炎症が起こるとメラニン色素が多量に産生されて、シミになります。



プラセンタは強い抗酸化作用を持っています。この抗酸化作用により肌のシミの原因になる活性酸素を除去する作用が働くことで、メラニン色素の産生を正常化させることができ、シミが出来にくい肌にすることができます。



プラセンタには新陳代謝を高める働きがあります。この働きによって、肌の奥に存在しているメラニン色素の排出を盛んにして、シミを薄くしたり、シミそのものを失くすことにも効果があるとされています。



プラセンタはシミの予防改善に大きな効果をもたらすんですが、これは、シミだけでなく肌全体の色素沈着を防ぐ効果をもたらすとされていて、肌を白くしてくれる美白効果も有るとされています。



プラセンタ注射を更年期障害などの治療で利用している方の多くが体調が良くなるだけでなく、肌が白くなったと感じる方が多いという報告があるなどからもプラセンタの美白効果は、期待できるものといえそうです。


プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタと花粉症

プラセンタは花粉症対策に有効です。プラセンタには免疫機能を正常にし抵抗力を高めて、炎症を抑える働きがあります。花粉症のくしゃみや鼻水、目のかゆみ、頭痛などのつらい症状の改善に効果があります。



プラセンタには免疫力を向上させる成長因子として、コロニー形成刺激因子(CSF)(免疫担当細胞の顆粒球、マクファージなどの幹細胞の増殖)や、インターロイキン1 (IL−1) (免疫担当細胞(T細胞・B細胞・NK細胞)、胸腺細胞の増殖リンホカインの産生促進)、インターロイキン2 (IL−2)(T細胞(ヘルパーT細胞・キラーT細胞・サプレッサーT細胞)の増殖)、インターロイキン3 (IL−3)(造血幹細胞、肥満細胞の増殖)インターロイキン4(IL−4)(B細胞の増殖、及び抗体産生細胞への分化促進)などが含まれています。



これらが免疫機能を正常にする作用をもたらし、アレルギー反応や炎症反応を起こす分泌をコントロールする働きをすると考えられます。そのほかにも、様々な増殖因子が働くことで、アレルギーを抑えたり体質改善を促す作用が行われることで、肌がきれいになるだけでなく、かゆみも取れて辛い花粉症も体質から改善してくれると考えられています。



花粉症もアトピーも免疫機能の暴走がもたらしたものです。プラセンタはその免疫機能の暴走を修正する作用があると考えられます。その他にもプラセンタは体質を総合的に改善する力があることで、自己治癒能力を高めることでも花粉症の改善に効果がある、といえます。

プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタとアトピー

プラセンタがアトピー性皮膚炎に効果があるとされています。しかしながら、これを治療目的とした場合、いまのところ、保険の適用は受けれません。プラセンタには、様々な種類の細胞増殖因子が含まれていて、これらが細胞の増殖、分化、運動の調節や機能維持に働くことで母体の胎児を守っているんです。



細胞増殖因子は、細胞の増殖をもっぱら促進するばかりではなく、細胞がアポトーシスによって死ぬことを促進、あるいは抑制したりする作用があったり、ある増殖因子は、通常はほとんど合成されていないものの、組織が傷ついたときや炎症が発現すると、それによって誘導されて、傷の修復に使われたりするなど、その作用は多様です。



プラセンタに含まれる主な成長因子としては、肝細胞増殖因子(HGF)、神経細胞増殖因子(NGF)、上皮細胞増殖因子(EGF)などの肝実質細胞をはじめ、諸組織の細胞の増殖や、神経細胞(知覚・交感神経節細胞)の増殖そして、皮膚、肺、角膜、気管上皮細胞の増殖にかかわるものなどがあります。そのほかには、線維芽細胞増殖因子(FGF)や、インシュリン様成長因子(IGF)のように、ヒト線維芽細胞、グリア細胞、血管内皮細胞の増殖 や軟骨細胞、平滑筋細胞の増殖に携わるものがあります。



さらに、免疫力を向上させる成長因子として、コロニー形成刺激因子(CSF)(免疫担当細胞の顆粒球、マクファージなどの幹細胞の増殖)や、インターロイキン1 (IL−1) (免疫担当細胞(T細胞・B細胞・NK細胞)、胸腺細胞の増殖リンホカインの産生促進)、インターロイキン2 (IL−2)(T細胞(ヘルパーT細胞・キラーT細胞・サプレッサーT細胞)の増殖)、インターロイキン3 (IL−3)(造血幹細胞、肥満細胞の増殖)インターロイキン4(IL−4)(B細胞の増殖、及び抗体産生細胞への分化促進)などが含まれています。



プラセンタが含むこれらの成分がアトピーの様々な症状に効果があると思われます。例えば、上皮細胞増殖因子(EGF)や、線維芽細胞増殖因子(FGF)は、繊維芽細胞や上皮細胞を増殖することで健康な皮膚を作りますが、さらに、プラセンタは神経の異常興奮を抑えて、かゆみを感じ難くする作用があります。



プラセンタのアトピーに対する研究では、千葉大学などである仮説が立てられてもいるようです。それは、アトピー性皮膚炎では、皮膚を直接攻撃するリンパ球(helper T cell)の存在が問題なんですが、そのリンパ球をアポトーシスさせることで消滅させる作用がプラセンタにはあるのではないかという仮説です。いまのところその成分は特定されていないようですが、今後の研究に期待したいところです。

プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

海洋性プラセンタ

海洋性プラセンタ(マリンプラセンタ)は、魚由来のプラセンタのことで、鮭の卵巣膜を精製して作られます。プラセンタは「胎盤」という意味で、哺乳類特有の臓器です。したがって、卵を産む鮭には胎盤はありませんが、胎盤と同じように卵を守り育てる栄養成分豊富な卵巣膜というものがあります。


鮭の卵巣膜は動物性プラセンタ(胎盤)と比肩しうる素材として、その栄養成分が大変注目されていて、なおかつ、外海を回遊しているために、重金属などの汚染がほとんどないともいわれています。ちなみに鮭の卵の卵巣膜を取り除いたものがイクラです。


マリンプラセンタが含む栄養成分は、体内では合成することができない必須アミノ酸 9種類を含む、18種類のアミノ酸をふくんでいます。


そのほかにも、肌の弾力性・伸縮性に欠かせない、コラーゲンと、そのコラーゲンを補助し、コレステロールと過酸化脂質を除去し、動脈硬化の防止や骨折の回復・骨の成長促進などにも効果が認められているコンドロイチン硫酸、疲労回復や肌の保護作用のあるビタミンB群など全30種類の成分は美容と健康に欠かせないものばかりです。


さらにマリンプラセンタは、動物性プラセンタにはない成分として皮膚の弾力性を保つエラスチン、新陳代謝をアップさせる核酸も含んでいます。


これらの成分によって、マリンプラセンタ(海洋性プラセンタ)は、血液循環改善・アンチエイジング作用・保湿・美白・シワなどの改善が期待できます。さらに、抗疲労・不眠・肩こり・腰痛・冷え性・更年期障害・月経困難症・免疫強化作用などへの効果も期待できるとされています。
マリンプラセンタ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

植物性プラセンタ

植物性のプラセンタといわれるものがあります。化粧品で動物性プラセンタに置き換えて使われることがあります。これは、植物の胎座から抽出されるものです。植物には胎盤はありませんが、哺乳動物の胎盤と同様な働きをするものとして胎座というものが存在しています。



植物の胎座も胎盤と同様英語でプラセンタと呼ばれていて、植物の成長期に実の栄養分として大切な役割をになっています。植物の胎座から抽出される植物性プラセンタには、動物のプラセンタと同じようにアミノ酸やビタミン、ミネラル類が豊富に含まれています。しかし、動物性プラセンタに存在する成長因子までは植物性プラセンタには含まれていません。



化粧品に使われているものは、アロエ、クロレラ、葛根、アセロラ、大豆、ライ麦、トウモロコシなど体に良いことで知られている植物から抽出した成分が使われた、植物性のプラセンタです。



これら、植物性プラセンタは美肌、美白効果は期待できるとされていますが、残念ながら、動物性プラセンタ特有の細胞活性効果は期待できません。つまり、シミ、シワ、毛穴、にきびなどのアンチエイジング効果は、期待できないということです。



プラセンタ化粧品の多くは豚の胎盤が使用されていることから独特な臭いがあり、その臭いがどうしても苦手な方はいらっしゃると思います。そんな方には、植物性プラセンタの使用をおすすめします。



植物性プラセンタは、動物性プラセンタ特有の細胞活性効果は期待できませんが、美肌、美白効果は期待できますから、プラセンタのニオイが苦手な方にはおススメです。
植物性プラセンタ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタと育毛

プラセンタには、育毛に効果が認められるとする報告があります。プラセンタは、人間にとって必要な栄養素を豊富に含んでいることが知られていますが、そのなかに、インスリン様成長因子(IGF)というものがあります。インスリン様成長因子には、1と2があり、そのうちの1のほうのインスリン様成長因子ー1(IGF-1)には育毛効果があるという研究があります。



名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授によると、インスリン様成長因子-1(IGF-1))産生を増加させると、育毛、および肌の老化防止作用に効果があるとしています。インスリン様成長因子-1(IGF-1)の血中濃度は13歳〜17歳がピークでそれ以後50歳まで減り続けるとされています。



インスリン様成長因子-1(IGF-1)は成長ホルモン(GH)による刺激を受けて主に肝臓で分泌されています。そして、インスリン様成長因子-1(IGF-1)の影響力は人体の殆どの細胞、特に筋肉、骨、肝臓、腎臓、神経、皮膚及び肺の細胞に及んでいます。そして、インスリン様成長因子-1(IGF-1)は、インスリン様効果に加え、特に神経細胞に顕著ですが細胞の成長と発達そして細胞のDNA合成を調節しているとされています。



したがってインスリン様成長因子-1(IGF-1)を増やすことがアンチエイジングとなり育毛に効果的とされているんです。しかしながら、医療機関での注射などには、ヒトのプラセンタが使用されていますが、サプリメントの場合は他の動物を使用しています。したがって、サプリメントの場合は、インスリン様成長因子-1(IGF-1)としての効果は認められないのではと考えられるんですが、もしかしたら、何らかの作用にかかわっているのではないかと思える事例もあるようです。



プラセンタについては、肯定的な医師とそうでない意見を持つ医師とに別れるようで、その効果について正しい検証が行われているとはいえないのが現状のようです。

プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタ注射とサプリ

プラセンタ注射は、肝臓病、更年期障害、乳汁不全症の治療法として健康保険の適用が認められた治療法です。逆に言えばこれ以外の目的のプラセンタは保険適用外となります。



疲労回復やアトピー治療、肌の美白やしわの解消目的は全額自己負担となる自由診療となります。相場は注射一本2000円〜3000円といわれています。しかも、治療してくれる施設は限られているだけではなく、プラセンタに対する正しい知識のない医師も存在していて、あろうことかプラセンタを静脈注射するということもあるようです。



そういうことでは、サプリメントでプラセンタを摂ることは効率は注射よりもかなり落ちますが、その手軽さからもおすすめであるといえます。



プラセンタには、FGF(線維芽細胞増殖因子)やEGF(上皮増殖因子)が大量に含まれています。線維芽細胞は、真皮に存在していて、皮膚を健康で若々しく美しく保つために必要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を産生しています。



ですから、プラセンタによってその線維芽細胞を補給することで、皮膚の再生に力を発揮されるわけです。つまり、しみやしわなどの肌の悩みの解消にすぐれた効果をもたらすことが望めるんです。



さらに、プラセンタには母体内の胎児を守るためにとても強い抗酸化作用が存在しています。活性酸素は、さまざまな悪影響をもたらすものとして知られてきましたが、プラセンタにはそれらを無害化する力が存在するんです。



またプラセンタにはチロシナーゼを不活性化する作用があります。チロシナーゼとは、黒い肌を作り出すメラニン色素の素となるDOPAにチロジンという物質が変換されるときに活性化して活躍する物質です。



ですから、プラセンタを摂るとメラニン色素の生成が抑えられることで、肌本来の白く、明るい透き通ったような皮膚をつくります。したがって、何度も炎症を繰り返し、そのために黒ずんでしまった皮膚を、ある程度もとの色にもどしてくれるんです。



プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタとサプリメント

プラセンタ(PLACENTA)とは、英語で「胎盤」という意味です。胎盤は、母親のお腹の中にいる胎児の発育のためには必要不可欠な組織です。胎児はプラセンタがあることで、母親と血液型が異なっていても成長できるんです。胎児への栄養補給のためにたくさんの栄養素がこの組織に集中し、貯えられています。



例えば、人間以外の哺乳動物は、出産直後に自分の胎盤を食べてしまいます。これは、他の動物に臭いを嗅ぎつけられないようにするとともに、栄養豊富な胎盤を食べることによって、産後の体力回復に役立てるため、という説もあります。



プラセンタとして利用しているものは健康な人間の胎盤から抽出したエキスのことで、豊富な栄養素に加えて、細胞分裂を促進する生理活性物質も含まれています。人間の胎盤には5000種類にもの生理活性物質や酵素エキスが蓄えられている、といわれています。



ただし、サプリメントとして利用されているのは、薬事法の関係で、豚や馬などの胎盤を利用しています。プラセンタ自体は古くから利用されていたんですが、医学的に利用されたのはロシアでの利用が端緒とされています。



その利用法は、胎盤組織を皮下に埋没することにより行われたものです。この場合には3週間〜1ヶ月間という相当長時間、皮下に滞留することで効果を保持し続けることになります。



プラセンタ注射の場合には、皮下・筋肉注射が行われますが、この場合の効果を保持する期間は3日〜1週間とされています。



プラセンタをサプリメントで摂る場合は、消化吸収されることでのことですから、長い期間の効力を望むことはできません。そういうことでは、プラセンタとして最も効力を得ることが出来そうなのは埋没療法ということが出来そうです。



しかしながら、サプリメントの手軽さは他ではできないことです。施術してくれる施設まで足を運ぶことなくいつでもどこでも手軽にプラセンタエキスをとることが出来るサプリメントの魅力はかなり大きなものです。


プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタと杉本彩

プラセンタといえば、タレントの杉本彩さんがプロデュースした化粧品ブランドがあります。プラセンタを使用したのには理由があるようです。それは、若いころの彼女自身の経験から、美容は体質改善が基本であること。


そして、さらに、年齢とともに他にも必要な成分があることを実感し、プラセンタなどを使うようになったということが根底にあるようです。ですから、プラセンタで、からだの内側と外側と両方ケアできる化粧品ブランドを開発したということなんです。


プラセンタといえば、プラセンタ注射ですが、それでは、痛みを伴いますし、なんといっても手軽ではありません。そこで、サプリメントとして、手軽にとれるプラセンタの開発を第一に考えて開発した化粧品ブランドだということです。


プラセンタというのは胎盤のことです。胎盤は、胎児をさまざまなリスクから守る役割があるといわれています。その役割のひとつには、胎児を活性酸素から防御することがあります。


したがって、プラセンタには活性酸素の消去作用を持つ強力な抗酸化活性成分が存在するんです。それは、動物実験の結果から、プラセンタエキスが経口投与でも抗酸化作用を示し、肝臓組織の酸化と、肝障害の発生を抑制することが明らかになっています。


美容の大敵のしわやしみもその原因は活性酸素といわれています。プラセンタの抗酸化作用は美容にとっては強力な武器となるんです。そのほかにも、プラセンタにはさまざまな効能が認められていて現在研究が行われているところです。


プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天


プラセンタ含有製品 最新一覧 By 楽天


アンデスティノ 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

脳脊髄液減少症とプラセンタ

プラセンタを脳脊髄液減少症の治療に役立てている治療法があります。プラセンタ埋没療法(プラセンタインプランテーション)と呼んでいるようです。



脳脊髄液減少症とは、低髄液圧症候群とも呼ばれていて、脳脊髄液が脊髄のどこからか漏れて脳内の脊髄液量が減少し頭蓋内の圧が低下するために頭痛、嘔気、めまい、だるさ、視力低下、記憶障害、気力の低下、耳鳴り、著しい疲労感、背中や首の痛みが強くなるとされています。



大概はごく小さなピンホール大の穴からの漏れですが、特に立っているときは圧力が高まるために絶えず漏れ出すとされています。したがって、立位や座位で症状が悪化し横になると軽快すると報告されていますが、すべての人にあてはまるわけではありません。



脳脊髄液はリンパ液のように無色透明な液体です。脊髄液は脳室の脈絡叢で産生され、脳脊髄のクモ膜下腔を循環して脳の上矢状静脈洞で吸収されるとされています。



脳の水分含有量を緩衝したり、形を保つ力になっているとされます。健康な成人では150ml位あり、1日の産生量は 500mlといわれています。横になっているときは一定の圧が保たれており5〜15cm水柱です。



脳脊髄液減少症の原因はさまざま考えられるんですが、近年問題とされているのが、交通事故での傷害です。例えば、外傷がないむち打ち症でも脳脊髄液減少症となるとされています。



治療法としては、ブラッドパッチ、高気圧酸素治療、手術治療、プラセンタ埋没療法(プラセンタインプランテーション)があり、もっとも一般的なのがブラッドパッチです。これで、7割の治癒率とされています。しかし、再発の可能性がないとは言えず、治癒率も7割ということで信頼できる治療法とはいえないかもしれません。


プラセンタ埋没療法は、ブラッドパッチとほぼ同様の治癒率ですが、回数を重ねるごとに治癒率が上がるとされているところが、ブラッドパッチと異なるところです。



これは、プラセンタに含有される、多くの再生因子により髄液漏れの原因個所が、組織的、機能的に修復されるためと推測されます。



つまりブラッドパッチは漏れた箇所に絆創膏でふたをするだけなんですが、プラセンタ埋没療法では、漏れの原因の穴そのものを修復して塞ぐため、たとえ穴が大きくても回を重ねるごとに塞ぐことができるからではないかと推測できます。



プラセンタ埋没療法(プラセンタインプランテーション)の問題点はその治療費用の高額なことです。大抵は一度ではなく数度あるいは数十回行うために総治療費はかなりな額になります。そして、治療を行う施設が福岡など限られているのも患者として気軽にプラセンタ埋没療法(プラセンタインプランテーション)を行えない理由です。


プラセンタ・サプリ 最新一覧 By 楽天


プラセンタ含有 最新一覧 By 楽天



プラセンタ / プラセンタとvCJD / プラセンタとC型肝炎 / プラセンタと更年期障害 / プラセンタとしわ(シワ) / プラセンタとしみ(シミ) / プラセンタと花粉症 / プラセンタとアトピー / 海洋性プラセンタ / 植物性プラセンタ / プラセンタと育毛 / プラセンタ注射とサプリ / プラセンタとサプリ / プラセンタと杉本彩 / 脳脊髄液減少症とプラセンタ

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。