スポンサードリンク


カシスとは

カシス(仏語 Cassis)は、ヨーロッパからアジアにかけて、寒冷地に広く生育するユキノシタ科の落葉低木性の果樹で、6〜8月に直径1cm弱の濃い紫色の果実をつけます。



カシスの英語名はブラックカラント (Blackcurrant)、(学名 Ribes nigrum)、スグリ属に分類されていて、和名をクロフサスグリ(黒房酸塊)あるいは、クロスグリ(黒酸塊)といいます。日本でもお馴染みのストロベリー(バラ科)、ブルーベリー(ツツジ科)、ラズベリー、ブラックベリー(いずれもバラ科)とは別の種類です。日本国内では青森県が主な産地となっています。



カシスは、ポリフェノール成分である4種類のアントシアニンが含まれています。それは、抗酸化力に優れているデルフィニジン配糖体の「D3R(デルフィニジン-3-ルチノシド)」と「D3G(デルフィジン-3-グルコシド)」、シアニジン配糖体の「C3R(シアニジン-3-ルチノシド)」、「C3G(シアジニン-3-グルコシド)」の4種類です。



特に「D3R(デルフィニジン-3-ルチノシド)」と「C3R(シアニジン-3-ルチノシド)」はブルーベリーなどにはない、カシス特有の成分です。



カシスは、ブルーべリーやラズベリーに比べ、アントシアニン以外でも、カリウム、マグネシウム、亜鉛などの含有量が多いといわれています。



カシスは酸味や独特の芳香とかすかな苦味をもつことで、ゼリー、ジャム、アイスクリーム、コーディアル、リキュールなどに利用されています。



イギリス、ヨーロッパ、イギリス連邦諸国では、カシスの風味を加えたり、干した果実を加えたクッキーなどの菓子が多数存在するようです。

カシスエキス 最新一覧 By 楽天


カシスとは
カシスエキスと冷え性
カシスエキスとピントフリーズ
カシスエキスと眼精疲労

カシスエキスと冷え性

カシスエキスが冷え性の改善に効果があるといわれています。冷え性の原因のひとつに血流の低下があります。血液は、心臓を起点に動脈を通り、末梢(まっしょう)血管を通じて全身の細胞へ送られます。このとき血液は酸素や栄養素を運ぶだけでなく体温を保つための熱エネルギーも全身の細胞に送り届けます。



なんらかの理由によって、例えば、貧血(血液の量が少ない)、低血圧(血液を全身に送る力が弱い)、長時間座りっぱなし、立ちっぱなしなどの仕事で腰から下がうっ血しやすい、動脈硬化が進んで血管が細くなるなどの血流の異常などで血液が十分に送り届けられなくなると、肩こりや冷え性などの原因になります。



また、熱を効率的に産生するのは筋肉なので、筋肉がないと冷えやすくなります。ダイエットのしすぎ、ビタミン不足も熱産生がうまくいかない原因の一つで、これも冷え性の原因になります。



カシスエキスに含まれるカシスポリフェノールは、末梢の血流を改善する効果が確認されています。これにより、冷え性や肩こりに効果が期待できるだけでなく、顔面の血流も向上させ、女性の悩みのひとつである目の下の「クマ」の解消も期待できるとされています。



カシスエキスはビタミンEをオレンジやストロベリーの4倍含んでいます。ビタミンEは、赤血球を健康にすることで貧血予防に効果があります。また、赤血球をつくる鉄分も、オレンジやレモンと同じくらい含んでいます。



カシスエキスはミネラルのマグネシウムも含んでいます。マグネシウムは、筋肉をつくるタンパク質を合成する働きがあります。さらに、エネルギーを生産する酵素の多くにかかわっています。



カシスエキスは、カシスポリフェノールの血流改善効果だけでなく、様々なビタミンやミネラルを含んでいることから、冷え性改善に効果があると考えられます。

カシスエキス 最新一覧 By 楽天



カシスとは
カシスエキスと冷え性
カシスエキスとピントフリーズ
カシスエキスと眼精疲労

カシスエキスとピントフリーズ

カシスエキスがピントフリーズ現象の予防・改善に効果があるとされています。パソコン作業やゲームでモニターなどを長時間凝視していて、ふと遠くを見たときに、ピントが合わずに視界がかすんで見える現象が、いわゆる「ピントフリーズ現象」と呼ばれるものです。



目のピントを合わせるための筋肉である毛様体筋は、遠くを見ているときは最も負担がかからない状態ですが、近くを見るときには、レンズである水晶体の厚さを変えるために毛様体筋が強く働いて、近くにピントを合わせようとします。



したがって近くを見ているときには毛様体筋は緊張した状態になっていて、それが長時間続くと毛様体筋が緊張しすぎて痙攣をおこし、一時的な近視状態になってしまうのです。ただし、ピントフリーズ現象が頻繁に起きることで近視になるということは今のところ証明されてはいないようです。しかし、この状態が眼にとってあまりいい状態といえないのはまちがいがないといえます。



カシスエキスに含まれるアントシアニンは、目の毛様体筋の緊張をほぐす働きがあり、末梢の血流を改善する効果があり、ロドプシンをはじめとする眼の細胞を活性化する作用があることでピントフリーズ現象の予防や改善に効果があるとされています。



カシスエキスは即効性があり、摂取後15分ほどで効果が現れ、その効果が8時間持続するとされています。カシスエキスは、基本的には安全性の高い成分といえますが、摂りすぎには注意したいところです。

カシスエキス 最新一覧 By 楽天


カシスとは
カシスエキスと冷え性
カシスエキスとピントフリーズ
カシスエキスと眼精疲労

カシスエキスと眼精疲労

カシスエキスには、ブルーベリーやビルベリーなどにも含まれている色素成分のアントシアニンを含んでいます。アントシアニンは、眼の細胞の代謝を活発にして疲労を防ぎ、目の網膜の色素体であるロドプシンを活性化し、光による反応を高める作用があり、暗順応の改善効果があるとされています。



アントシアニンは、抗酸化作用があります。活性酸素により、ロドプシンの合成が阻害されることで、ものが見えにくくなったり、視力低下や眼精疲労を引き起こされるとしています。



したがって、カシスエキスでアントシアニンを摂ることで、その抗酸化作用により、眼を守ることが出来るとされています。また、活性酸素に対抗する働きがとても強いので、肝機能の改善にも効果があることが知られています。



カシスエキスに含まれるアントシアニンは、抗酸化力に優れているデルフィニジン配糖体の「D3R(デルフィニジン-3-ルチノシド)」と「D3G(デルフィジン-3-グルコシド)」、シアニジン配糖体の「C3R(シアニジン-3-ルチノシド)」、「C3G(シアジニン-3-グルコシド)」の4種類であり、特に「D3R(デルフィニジン-3-ルチノシド)」と「C3R(シアニジン-3-ルチノシド)」はカシス特有の成分です。



カシスエキス特有のアントシアニンは、目の毛様体筋の緊張をほぐす働きがあり、末梢の血流を改善する効果が確認されています。眼には、毛様体筋というレンズの働きをする水晶体のピントを合わせるための筋肉があります。



長時間、パソコンなど近くを凝視する作業をしていると、この毛様体筋に緊張が続き「筋肉のコリ」が起きます。カシスエキスに含まれるポリフェノールのアントシアニンには、この緊張をほぐす働きがあり、ロドプシンをはじめとする眼の細胞を活性化し、血行も良くすることから、眼精疲労に良いとされているようです。

カシスエキス 最新一覧 By 楽天


カシスとは
カシスエキスと冷え性
カシスエキスとピントフリーズ
カシスエキスと眼精疲労

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。