スポンサードリンク


メシマコブ

メシマコブが、抗がん作用があるとされています。メシマコブは、キノコの一種ですが、長崎県男女群島の女島(めしま)に自生する桑の木にコブ状に寄生することからこの名が付けられました。



メシマコブは、タバコウロコタケ科キコブタケ属の多年生のきのこで、サルノコシカケの仲間で、学名をフェリナス・リンテウス(Phellinus linteus)と言います。その多くは、桑の古木やブナ・シイなどの木に寄生し、直径30センチの大きさに成長するまで20〜30年もの歳月を要すると言われます。



メシマコブは、昔から漢方として使われていて、胃痛、下痢など様々な症状に良いとされていました。メシマコブの抗がん作用については、1968年、国立がんセンターの池川哲郎博士などによって行われた実験において、ガン細胞の増殖を96.7%という阻止率で抑制したという、きのこ類の中では最も高い抗腫瘍活性を示すものとして報告された経緯があります。



しかし、注目されることが無かったのは、当時はメシマコブの入手が困難であったからです。近年、韓国でメシマコブの菌糸体培養技術が完成し、抗ガン剤として使用されるなど注目される存在となっています。



ところで、韓国からの輸入菌糸体の中には遺伝子解析の結果、メシマコブとは異なる「キコブタケ」などの類似きのこが混在しているとの報告もあるようです。購入にあたっては注意が必要なようです。



メシマコブの、きのこの形状をしたものを子実体といいます。菌糸体は、これを形作る前の段階のものといえます。最近の研究においては、子実体と培養菌糸体とでは含有成分が異なるとの報告もあるようです。



メシマコブの菌糸体からは検出されずに子実体のみから検出されている抗酸化作用等の生理活性物質があるとの報告があります。したがって、菌糸体よりは子実体(きのこ)の方が薬効成分は多く子実体から抽出されたエキスのほうが薬効は高いかもしれません。

メシマコブ 最新一覧 By 楽天



メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

霊芝

霊芝(レイシ)(英:Reishi 学名:Ganoderma lucidum. Karst)は、マンネンタケ科マンネンタケ属の一年生のキノコです。食用には適さず、子実体を適当な大きさに切り、熱水で煎じて抽出液を服用します。中国では古くからさまざまな目的で薬用に用いられてきました。しかし、漢方には霊芝を含む処方はありません。



それは、霊芝は1年草であり、胞子の殻が固くて発芽しにくいため自生している霊芝を発見することはほとんど不可能だったことによるようです。ですが、1970年代に中国と日本で相次いで人工栽培が成功し、一般に流通するようになりました。



霊芝には紫霊芝、赤霊芝、青霊芝、黄霊芝、白霊芝、黒霊芝などの6種があるとされていますが、現在、市場に流通しているものは、ほとんどが人工栽培された赤霊芝であり、成分としてはβ−グルカンや苦味成分のテルペノイド、アミノ酸、ペプチドおよび塩基、その他多数の酵素などを含んでいますが、製品によって、その含有量などは異なるようで、注意が必要です。



霊芝や鹿角霊芝に含まれる苦味成分のトリテルペノイド(triperpenoide)は、他のキノコにない成分です。霊芝には、60種以上含まれているとされていて、がん細胞の増殖抑制作用のほか、抗アレルギー作用、抗高血圧作用、抗血栓作用、コレステロール降下作用、肝障害改善作用、HIV(エイズ)ウィルス抑制作用、虫歯予防、発毛作用などが期待されています。



霊芝はβ-グルカン(β-glucan)も含んでいます。β-グルカンは、体内のマクロファージなどの免疫細胞や抗酸化酵素など生体に備わった自然治癒力に働きかけて活性する作用があるといわれています。しかし、鹿角霊芝と比べるとその含有量はかなり見劣りがするようです。



霊芝には、ほかにも15種のアミノ酸、4種のペプチドおよび4種の塩基、その他多数の酵素などを含むことで、様々な健康効果が期待されています。そして、身体を正常化する作用があることから、霊芝は、高麗人参などとともにアダプトゲン(Adaptogens)のひとつとされています。



霊芝が古くから中国で用いられたのは、このアダプトゲンとしての作用が認められていたからと考えられます。アダプトゲンとは摂取しても無害であって、からだの生理機能を正常化する作用があるもののことです。



霊芝の副作用は、めまい、口・喉の渇き、鼻水、鼻血、かゆみ、胃のむかつき、血便など軽微な症状が報告されているようですが、これらの症状は、3〜6ヶ月の長期間にわたり連続的に摂取した場合にみられたもので、基本的には適切に経口で摂取するなら安全性は高いといえます。



また、霊芝は抗血液凝固作用をもつので、理論的には抗血小板・抗血液凝固作用のあるハーブや医薬品を用いている人では出血傾向が高まることが考えられます。そして、血圧低下作用のあるハーブや医薬品とともに用いると、その作用を強め低血圧を引き起こすことが考えられます。



霊芝は、安全性の高いものですが、摂取していてなにか異常を感じたらただちに使用を中止して医師に相談することをおススメします。

霊芝 最新一覧 By 楽天



メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

紫霊芝

紫霊芝は、今のところ、中国のみで生産されている希少品種です。霊芝は多くの種類があるといわれ、色別に、赤霊芝、紫霊芝、黒霊芝、青霊芝、白霊芝、黄霊芝の6種類に区別されて古来より利用されてきました。



紫霊芝は、霊芝特有の強い苦味があり、これはトリテルペノイド(triperpenoide)といわれる物質で、がん細胞の増殖抑制作用のほか、抗アレルギー作用、抗高血圧作用、抗血栓作用、コレステロール降下作用、肝障害改善作用、HIV(エイズ)ウィルス抑制作用、虫歯予防、発毛作用などが期待されています。



紫霊芝に含まれるウリジン(uridine)は、経口摂取することでオロト酸尿症(巨赤芽球性貧血,オロト酸結晶尿,腎障害,心奇形,斜視,反復感染)の治療に効果があるとされています。



さらに、抗がん作用があるβ一グルカンはアガリクスと同程度、又、体内の活性酸素を除去するスーパーオキシド消去活性も含有されていて、C型肝炎、肝硬変、肝臓癌など肝臓の疾病、各種の腫瘍やアトピー性皮膚炎、リウマチ、掌蹠膿疱症などにも効果が期待できるようです。



紫霊芝の特徴として、免疫調節作用が上げられているようです。紫霊芝についていえば、これはキノコの一種ですから免疫力を高めます。しかし、組み合わせる他の生薬によって免疫力を抑制したり、また高めたりするといわれています。

紫霊芝 最新一覧 By 楽天



メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

黒霊芝

黒霊芝(くろれいし)は、悪玉コレステロールといわれる血液中のLDL-コレステロールを減らす効果があるとされています。これは、日本メナード化粧品株式会社によって報告されているものです。黒霊芝は、中国の福建省や広東省などの華南地方に自生していて、霊芝のなかでも希少なキノコです。



LDL-コレステロールとして血液中を移動するコレステロールは、脂質の一種で、中性脂肪やリン脂質の仲間です。細胞膜を維持するという役割、性ホルモン、ホルモンの原料、胆汁の原料にもなります。血管の内側に張り付いて、血管を保護するなど、有益な成分です。



LDL-コレステロールは一日約45%が代謝され、そのうち2/3はLDLレセプターを介して体内の組織に取り込まれて、細胞膜の維持などに利用されています。しかし、LDL-コレステロールは、過剰になると血管壁に沈着して動脈硬化を起こすことで悪玉コレステロールといわれています。



人間の体内のコレステロールは主に肝臓で作られLDL-コレステロールとして血管内を移動して体中の細胞に運ばれます。このとき、細胞はLDL レセプターを開いてコレステロールを中に入れます。この扉のようなLDLレセプターが加齢や肥満などにより開かなくなると血液中のLDL-コレステロールが増えてしまいます。これが、高脂血症という症状です。



メナードの報告によると、黒霊芝には肝細胞の表面にあるLDL-コレステロールレセプターを増やす効果があるとされています。したがって、黒霊芝を摂ることで、加齢などによって増えてしまう血液中のLDL-コレステロールを減らすことが期待できるとしています。



さらに、黒霊芝には、アセチルコリン(Acetylcholine,ACh)を分解する酵素として知られるアセチルコリンエステラーゼ(Acetylcholinesterase:AChE)の作用を抑える働きがあると日本メナード化粧品株式会社が報告しています。



アセチルコリンは、脳内における、神経伝達物質です。例えば、アルツハイマー型認知症では、記憶の働きに関わる神経伝達物質アセチルコリンの減少が著しいことから、アセチルコリンを分解する酵素であるアセチルコリンエステラーゼの働きを阻害することにより、脳内のアセチルコリンの濃度を高めることで、アルツハイマー型認知症の症状の進行を遅らせることを期待してアセチルコリンエステラーゼ阻害剤が使用されています。



黒霊芝のエキスはまた、苦味が無いことでも知られています。メナードでは、これらの黒霊芝の効能を踏まえて、霊芝として一般的に利用されている赤霊芝とともに摂取できる製品を発売しているようです。

黒霊芝 最新一覧 By 楽天



メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

鹿角霊芝

鹿角霊芝(ロッカクレイシ)が、病弱や虚弱な体質を徐々に改善して丈夫な体にする作用がある生薬として知られています。鹿角霊芝は、和名をマンネンダケという、キノコの霊芝の一種になります。霊芝が湿度、日照などの特定の条件下にて成長すると、鹿の角のように枝分かれして育ちます。それが鹿角霊芝です。



しかも、キノコには傘が出来ますが、傘ができるまえの若芽のままで成長して、繁殖直前の最も生体エネルギーに満ち溢れている特殊なキノコだとされています。つまり、鹿角霊芝は、傘を作るエネルギーを貯め込んでいるキノコとも考えられているんです。



鹿角霊芝には、β-グルカン(β-glucan) 、トリテルペノイド(triperpenoide)60種以上、ペプチドグリカン (Peptidoglycan)、マンニトール (mannitol) 、種々の脂肪酸、キチン・キトサン、そして、100種類以上のアミノ酸など、多種多様の有効成分が豊富に含まれるとしています。



鹿角霊芝の含むβ-グルカンには、グルコースがβ1-3型の結合で連なった多糖で炭素配置の右回転方向を表す"D"を加えてβ1-3Dグルカン と表されるβ-グルカンがあり、キノコの中では最も豊富に含んでいるといわれています。



そして、β-グルカンといえば、殆どの場合、β1-3Dグルカンのことを指します。β-グルカンは、体内のマクロファージなどの免疫細胞や抗酸化酵素など生体に備わった自然治癒力に働きかけて活性する作用があるといわれています。



鹿角霊芝に含まれるキチンおよびキトサンは、甲殻類や昆虫の外皮、軟体動物の器官に含まれている事が知られていますが、キノコ類の細胞壁にも存在しています。コレステロールの調整、免疫力の向上や尿素類の老廃物を吸着除去すると言われています。



トリテルペノイド類は、鹿角霊芝特有の苦味成分で60種類以上含有していることが確認されています。肝油や深海鮫エキス、松葉に含まれる脂肪の一種で、基本骨格はスクワレンです。副腎皮質ホルモンを介し脂肪やコレストテロール等を分解促進すると言われています。



アミノ酸は、タンパク質の材料として知られていますが、鹿角霊芝などの霊芝には、必須アミノ酸9種を含む100種類以上のアミノ酸が含まれていると言われています。



鹿角霊芝に含まれているこれらの成分によって、からだの本来もっている自然治癒力を高め、免疫力を強化する作用があることから、虚弱体質などの様々な症状に効果があると考えられています。



霊芝や鹿角霊芝は、副作用として、相互作用があるとされています。それは、抗血液凝固作用をもつことにより、抗血小板・抗血液凝固作用のあるハーブや医薬品を用いている人では出血傾向が高まる可能性があるとか、血圧低下作用のあるハーブや医薬品とともに用いると、その作用を強め低血圧を引き起こす可能性があるというものです。

鹿角霊芝 最新一覧 By 楽天



メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

チャーガ

チャーガとは、ロシアでの呼び名で、和名をカバノアナタケ(樺孔茸)と呼ばれる、白樺やカンバ類に寄生するキノコです。 ロシアやヨーロッパ北中部、中国、日本(北海道の山岳地域)に分布する耐寒性のキノコです。



チャーガは、抗がん作用があることで知られています。チャーガにはアガリクス同様β-D-グルカンを豊富に含んでいて、これが免疫細胞を活性化させる作用があることから抗がん作用があるとされています。



β-D-グルカンは、免疫力を高めることにより身体の中に侵入した細菌や異物を排除したり、仮にウイルスなどに感染したとしても発病を抑制する作用を増強するといわれています。免疫力が高まることによって、ガンなどの腫瘍を抑える効果や、アレルギー反応を鎮める作用も期待できます。また、血糖値を下げたり、利尿効果、血圧調整、血中コレステロールと中性脂肪値を低下させる作用等が期待されています。



チャーガ にはアガリクスの23倍・野菜ジュースの175倍・ホウレン草の250倍もの「SOD様活性物質」が含まれているとされています。スーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase, SOD) は、体内のミトコンドリアなどにあって、有害な活性酸素を消去する酵素で、年齢とともに体内量が減少するといわれています。



チャーガは、β-D-グルカンの免疫力を高める作用と、SOD様活性物質による活性酸素を消去する作用によって、抗がん作用や、抗ウイルス作用、そして、アンチエイジング作用があるとされています。

チャーガ 最新一覧 By 楽天


1,000種類以上の茶葉を取り揃えるお茶の総合店!【茶卸総本舗】





メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

アガリクス茸

アガリクス茸が、免疫力を活性化し、抗がん作用があるといわれています。アガリクス茸は、ブラジル原産のキノコで、学名は「アガリクス・プラゼイ・ムリル」(Agaricus blazei Murril)、和名をカワリハラタケあるいはヒメマツタケと呼ぶキノコの事を指します。



アガリクス茸で、効能が高いとされているのは、ハラタケの新種とされている、カワリハラタケの方で、ハラタケもアガリクスの学名を持つことから、カワリハラタケではなく、ハラタケを使用している製品もあるとされています。購入においては注意が必要といえます。



アガリクス茸の有効成分とされているのが、ベータ1,3Dグルカンとタンパク質との複合体である、と言われています。ベータ1,3Dグルカンは多糖類の一種ですが、アガリクス茸には、ほかにも、タンパク質、ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、ビオチン、パントテン酸、葉酸、アミノ酸、ビタミンD、マグネシウム、カリウム、食物繊維などを含むとされていますが、成分含量は、菌株、栽培条件や産地によって異なるようです。



ベータ1,3Dグルカン(β1,3-Dglucan)とは、グルコースがβ1-3型の結合で連なった多糖で単にβグルカンと言った時には通常β1,3-グルカンのことを指します。そして、炭素配置の右回転方向を表す"D"を加えて、ベータ1,3Dグルカンあるいは、ベータDグルカンと呼ぶことがあります。植物や菌類、細菌など自然界に広く分布しますが、アガリクスやメシマコブ、霊芝などのβグルカンは強い免疫賦活作用、制癌作用を持つとされています。



ベータ1,3Dグルカンは、免疫力を高めることにより身体の中に侵入した細菌や異物を排除したり、仮に感染したとしても発病を抑制する作用を増強するといわれています。免疫力が高まることによって、アレルギー反応を鎮め、ガンなどの腫瘍を抑える効果も期待できます。また、血糖値を下げたり、利尿効果、血圧調整、血中コレステロールと中性脂肪値を低下させる作用等が期待されています。



アガリクス茸は、したがって、様々な健康効果を期待されていますが、あくまでも、免疫力を高めることから、場合によっては効果が異なり、一説には、抗がん作用の場合、確実に効果があるのは10人に1人から2人程度の確率ともいわれているようです。

アガリクス茸 最新一覧 By 楽天




メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ



癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜ガン改善率100%への挑戦〜

舞茸

舞茸(まいたけ)がダイエット効果が高いといわれています。舞茸は、サルノコシカケ科のキノコです。独特の香りと歯ごたえが好まれて、日本では1975年頃から食用キノコとして人工栽培されていることから、季節を問わず手軽に手に入れることが出来ます。



舞茸(まいたけ)は、食物繊維が豊富で、100gでも16kcalと低カロリーです。さらに、ビタミンDやビタミンB2、ナイアシン、カリウム、リン、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、鉄分などを豊富に含んでいます。さらに、舞茸の有効成分としてキノコ類に特有のβ−グルカンなどが知られています。



舞茸(まいたけ)に含まれる多糖類を精製して行くと、様々な成分が得られます。MDフラクションやMXフラクションは、そんな抽出物のひとつです。



MD-フラクション(MD-Fraction)は、マイタケ(舞茸)の成分であるβ-グルカン(β1,3-グルカンやβ1,6グルカンなど)に糖と少量のタンパク質を結合させる形で処理を施したものです。



MXフラクションにダイエット効果があるといわれています。難波宏彰(なんば・ひろあき)神戸薬科大学名誉教授によると、舞茸(まいたけ)特有の成分のMXフラクションには、余分なコレステロールを胆汁酸に変化させて体外に排出させる作用を促進し、血中コレステロールや脂肪、糖分を分解し、排出を促進することでダイエットに効果があるとしています。



舞茸(まいたけ)はさらに、脂肪分解酵素を含んでいます。脂肪がエネルギーとして使われない形に分解する酵素を多く含むことで、脂肪の蓄積の抑制を期待でき、肥満予防に効果があるといえます。



舞茸(まいたけ)には、ゴボウの5倍の食物繊維があることで便秘を改善し、不要なコレステロールの排出に役立ち、便秘解消効果もあることから、ダイエットには効果的といえ大腸がんを防ぐ効果も期待できます。



舞茸(まいたけ)は、インスリンが正常に働ける環境を作る作用があり、糖尿病の予防効果や、コレステロールの合成の抑制、排泄促進作用があるなどコレステロール低減作用があります。



舞茸(まいたけ)は、したがって、大腸がんを防ぐ、血圧の上昇を抑え高血圧を予防する、、肝機能を活性化する、血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防する、コレステロールを減少させ動脈効果や心筋梗塞を防ぐ、などの効果があるとされています。



舞茸(まいたけ)のD-フラクションや、MD-フラクションという抽出成分は、免疫細胞を刺激し自然治癒力を回復させ癌細胞に立ち向かう力をつけるとされ、癌細胞縮小、がん予防、エイズの予防効果があるとされています。D-フラクションは、米国の、MD-フラクションは、日本の会社が開発した製品です。



舞茸(まいたけ)は、慢性疲労症候群の改善効果もあるとされ、そのほかにも、皮膚炎の予防、アレルギー症状の改善、吹き出物の解消効果があるなどといわれています。低カロリーで、不足しがちなビタミンやミネラルをバランス良く含んだ優良食品といえます。



舞茸(まいたけ)ダイエットは、毎日50g、多くても100g 舞茸(まいたけ)を摂り続けるだけで効果があるとするダイエット法です。加熱しすぎると効果がなくなることから、エキスまるごと摂ることができる、味噌汁の具などが最適なようです。



ただし、キノコですから、その抽出物も含めて、キノコアレルギーによりアナフィラキシーショックを引き起こす場合があるのでアレルギーのある人は注意が必要です。

舞茸 最新一覧 By 楽天




メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

ヤマブシタケ

山伏茸(ヤマブシタケ)が、認知症の改善に効果があるようです。ヤマブシタケは、学名をHericium erinaceum といい、サンゴハリタケ科のキノコで、日本、中国、欧米、北アフリカと広範囲に分布していて、野生のものは一般的には夏の終わりから秋にかけて、クヌギ、クルミ、シイ、ミズナラなどの広葉樹の樹幹や切り株に発生します。



ヤマブシタケは、野生のほか原木栽培或いは菌床栽培による人工栽培が行われていて、季節を問わず製品が流通し、生や乾燥品などが入手できます。栽培する培地や菌の系統により含有成分が異なるようです。 神経成長因子の生産を促進させる効果を持つ物質、ヘリセノン( Hericenone ) 類、エリナシン( erinacine )類を含有していることから、抗認知症効果、抗腫瘍効果が期待されています。



ヤマブシタケには、抗ガン・腫瘍作用を発揮する成分といわれるβグルカンが含まれていますが、それは、ヘテロβ-D-グルカンといい、よく知られているアガリクスと同じものではありません。



さらに、ヘテロβ-D-グルカンのなかの、ガラクトキシログルカンと、マンノグルコキシランの2つは、ヤマブシタケだけにしか含まれていない特有の抗腫瘍活性多糖体で、より高い抗腫瘍抑制率を示しています。そのほかにも、 キシログルカン 、マンノキシラン 、キシログルカン、と全部で5種類ものβグルカンを含んでいるのは6種類含むアガリクスにつぐ種類の多さを誇ります。



ヤマブシタケは、タンパク質や、食物繊維、糖質、などを含み、リン、鉄、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、エルゴステロール などを含んでいます。



エルゴステロールは、日の光に当たるとビタミンDに変化します。これはカルシウムの吸収代謝に貢献し、骨粗鬆症の予防に効果を発揮するビタミンです。食物繊維は、便通の改善などに効果があります。



ヤマブシタケに含まれるこれらの成分により、様々な症状に効果が期待されています。実際に顕著な効果を見せたという報告もあるようです。



例えば、高血圧、低血圧、狭心症、心筋梗塞、血栓症疾患、動脈硬化症、抹消血管連縮症、重症肺炎、敗血症、白血病、悪性リンパ腫、ホジキン病、リンパ腫、強心、強壮、スタミナ補給、半身不随、などや、十二指腸潰瘍、肝肥大、慢性胃炎、胃下垂、胃潰瘍、肝硬変、B型肝炎、ウイルス性腸炎、便秘、慢性口内炎、食欲減退、吹き出物、痔、歯周病(歯槽膿漏)、腎炎、腎不全、アレルギー性の諸症状、肝炎、浮腫、肝障害、糖尿病、高コレステロール症、糖尿病、多発性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、自律神経失調症、ノイローゼ、日本脳炎、慢性気管支炎、喘息、乳房炎、婦人病、生理不順、更年期障害、ぼうこう炎、前立腺肥大、ネフローゼ、水虫、湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚筋炎、繊毛上皮腫、浄血作用、冷え性、五十肩、バセドー氏病、慢性鼻炎、花粉症、二日酔い、腰痛、虚弱体質、膠原病、蓄膿症、風疹性関節炎、肩こり、眼病、精力減退、インフルエンザなどと多くの症状に対して効能が期待されています。



ヤマブシタケにこれほど多くの効能が期待されているのは、ひとつには、身体の免疫機能を高める作用をもつことによります。ヤマブシタケに含まれているβグルカンのような、抗腫瘍活性多糖体のことを、身体の免疫機能に働きかけ強化してくれる物質、つまり、BRM(Biological Responce Modifiers)とも呼んでいます。これはほとんどのキノコに含まれる物質ですが、特に飛び抜けて多く含むのは、あのアガリクスと、このヤマブシタケの2つだけとされています。



ヤマブシタケの免疫機能を高める作用というのは、免疫機能の低いものは高くし、高すぎるものを抑制する働きがあります。これは生体恒常効果(ホメオスタシス)と呼ばれ、免疫反応が過敏であるために起こるアレルギー症状にも効果があるのです。



ヤマブシタケの強い抗酸化作用も理由のひとつといえます。抗酸化作用のあるものといえば、ビタミンC、やビタミンEがありますが、体内には、SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)という酵素が存在しています。ヤマブシタケには、このSODという酵素と似た働きをするSOD様作用があり、それは、アガリクスの4800よりも高い、6800という数値で示すことができるようです。



また、ヤマブシタケに含まれるD-トレイトール(D-threitol)、D-アラビニトール(D-arabinitol)、パルミチン酸などの成分は、抗酸化物質で、血液中の脂質量を調整し、血中糖分量を削減する効果が期待されているようです。



ヤマブシタケは、当然のことながら薬ではありませんから、これを摂ることで必ず症状が軽快するものでもなく、摂る量も決まったものはありませんが、認知症の実験では、乾燥したヤマブシタケ5g/日を6ヵ月間味噌汁などに入れて摂取したところ効果が観られたという報告があります。

ヤマブシタケ 最新一覧 By 楽天




メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

ブナシメジ

ブナシメジは、人工栽培されていて、手ごろな価格で年中手に入れることができ、どんな料理とも相性がよい極めて普通のキノコといえます。しかも、低カロリーで食物繊維がたっぷり含まれる上、有害な活性酸素に対して抗酸化作用があり、アレルギー反応を抑制したり、ウイルスやがん細胞の増殖を抑えるなど、健康効果の高い食品でもあります。



ブナシメジは、キシメジ科シロタモギタケ属のキノコで、人工栽培が難しく希少性が高い、シメジは、キシメジ科シメジ属で、ホンシメジともいわれています。また、一時期、人工栽培されたヒラタケが、姿かたちがシメジに似ていることでシメジとして流通していたことがありますが、ヒラタケは、ヒラタケ科ヒラタケ属のキノコでシメジとはまったく種類が異なります。



ブナシメジは、キノコ類に含有される、脂質成分の「エルゴステロール」に、がんの増殖に必要な新生血管の発生を阻害して、がんの増殖を抑える効果があることが明らかになっていて、強い抗酸化力とともに、がん予防に効果があるとされています。



ブナシメジなどのキノコ類には、小腸内で酵素リパーゼの働きを抑えて、脂肪を分解・吸収しにくくする作用があります。さらに、豊富な食物繊維が腸の働きを良くする上に、油分の一部を体外に排出してくれることでダイエット効果が期待できます。



ブナシメジは、血液サラサラ効果もあり、血糖値の上昇の抑制、血流改善、免疫力アップのほか、肌荒れの抑制や保湿作用など、美肌効果も期待されています。



ブナシメジなどのキノコには自然治癒力をサポートする作用があると考えられています。これが、がんなどに対して効果があるとされる所以のようです。



ブナシメジなどのキノコの健康効果を得るには、1日に100gから150g、の摂取が目安とされています。有効成分の多くが熱に弱いために、調理時は、有効成分を失わないために、水で洗わず、加熱はさっと行うといいとされています。

ブナシメジ 最新一覧 By 楽天





メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

エノキタケ

エノキタケに がん 予防効果があるといわれています。エノキタケに含まれる糖タンパクのEA6という成分が、がん細胞の増殖を抑制する作用があるという報告があります。



また、エノキタケの栽培が盛んな長野県で、昭和47年から15年間にわたって がん の死亡率を調べたところ、エノキタケを日常よく食べる栽培農家の がん の死亡率は、長野県全体に比べて40%近く低いという報告もあります。



エノキタケの抽出液には、ビタミンCが豊富なレモン汁の約10倍の抗酸化作用があると、岡山大学医学部の研究で報告されています。このことから、エノキタケには、がん だけでなく生活習慣病や老化にも効果が期待されています。



エノキタケ(榎茸、学名:Flammulina velutipes(Curt.:Fr.)Sing.)はキシメジ科のキノコの一種です。古くから食用とされ、エノキダケ、ナメタケ、ナメススキ、ユキノシタとも呼ばれ、店頭でみられるものは殆どが人工栽培されたものです。



店頭でみる栽培物のエノキタケは、白い色ですが、天然のエノキタケは、茶色で平べったい形状をしています。茶色いのは、紫外線から身を守るためのメラニン色素などによるものですが、栽培物のエノキタケは、紫外線にあたってもメラニンを作らせない酵素(SOD)の働きが活発なため、日があたっても色がつかないという違いがあるようです。



エノキタケは、したがって、2種類存在するといえますが、健康効果には違いがないようです。そして、上述の栽培農家では、エノキタケを週3日以上食べる人が がん で死亡する危険度は、月3日以下しか食べない人の半分以下だったと報告されています。



ですから、エノキタケを毎日少しずつでも食べ続けることが大切なようで、そうすると、体内で絶えず発生する活性酸素をきれいに掃除する効果を期待できることで、がん だけでなく、動脈硬化、心臓病、糖尿病といった生活習慣病の予防にもつながるといえます。エノキタケを毎日摂取することでドロドロ血液がサラサラになるという報告もあります。



エノキタケの抗酸化力は過熱によって低下することから、あまり長時間煮込まない味噌汁の具などがおススメといえます。低カロリーで食物繊維たっぷりのエノキタケは、たくさん食べても肥満の心配がなく、便秘の解消にも最適です。



さらに、豊富に含まれているビタミンDがカルシウムやリンの吸収を促進させるため、精神を安定させ、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。ビタミンB1、B2、D、カリウム、亜鉛、銅なども豊富で、繊維質も多いため、これらの栄養素が胆石に効果的という報告もあるようです。

エノキタケ 最新一覧 By 楽天



メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

きくらげ

きくらげがビタミンDの豊富なキノコとして知られています。きくらげは食物中でもっとも多量にビタミンDを含んでいるといわれていて、1個でヒトの一日の必要量を賄ってしまいます。



ビタミンDはからだに取り入れたカルシウムを小腸で血液に移動させるときに活躍します。ビタミンDがないと、カルシウムを血液に取り込めないためにそのまま体外へと排出されることになります。カルシウムの吸収には欠かせないビタミンなのです。



さらに、骨はハイドロキシアパタイトという硬い物質でできています。それは、カルシウムのほかに無機リン酸でできています。ビタミンDはからだに取り込まれた骨にならない有機リン酸を骨になる無機リン酸に変える働きをします。ビタミンDが不足すると充分な無機リン酸が作れないために丈夫な骨が作れないことになります。丈夫な骨作りにはビタミンDが欠かせないんです。



しかも、インフルエンザ予防にビタミンDが有効であるという研究報告があり、ビタミンDが冬場に不足がちなこともインフルエンザの流行の原因のひとつと考えられています。



ビタミンDは、実は、週に3回、10分から20分間、日光に当たるだけで充分な量を体内でつくることができます。しかし、現代社会ではそれすらままならないことがあります。しかも、年齢とともに合成能力も減少します。冬などはなおさら日に当たることが少なくなります。ですから、きくらげの摂取は有効だと思われます。



きくらげには、ほかに、あらげきくらげ、白きくらげ があり、きくらげのことを白きくらげ に対して黒きくらげと呼ぶこともあります。



黒きくらげは、低カロリーで牛乳の2倍のカルシウムと、リン、鉄分を含み、とりわけ食物繊維を多く含むきのこです。食物繊維には血中や肝臓のコレステロールを低下させる働きがあるようです。その作用が動脈硬化、高血圧、婦人病に効き、抗腫瘍作用があることが知られています。また植物性たんぱく質であるゼラチン質に滋養強壮効果があり老化防止にも役立つと人気です。



黒きくらげは、鉄分も非常に多く含んでいます。鉄分の含有量はレバーの約3倍、白きくらげの10倍といわれており、貧血などには適した食材といえます。黒木耳(黒きくらげ)で鉄分を補うには1日5gの摂取でいいといわれています。



ただ黒木耳(黒きくらげ)に含まれる鉄分は、単独では吸収されにくい性質を持っていますが、ビタミンCと一緒に摂取することによって吸収率が約3倍になります。



きくらげの有効成分は人体の免疫能力を増強し、リンパ細胞と白血球の殺菌作用を活発にし、骨髄の造血機能を高める作用があります。高血圧や動脈硬化、貧血、免疫力低下による病気などの他、抗癌の補助治療にも良く使われています。黒きくらげは特に肺の機能を助けますので、慢性の喘息の治療に良く使われます。



白きくらげは銀耳ともよばれカルシウム・カリウム・リンを豊富に含み、多種類のビタミンが豊富で、17種類のアミノ酸を含んでいます。細胞の免疫機能を 強化する作用があるといわれています。黒木耳も白木耳も基本的な効能は同じですが、白木耳は身体の水分を補ってくれる効果があり、肌を潤す作用が大きいとされ、美容効果やアンチエイジング効果が期待されています。

きくらげ 最新一覧 By 楽天


メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

しいたけ

しいたけ(椎茸)が風邪予防に効果があるようです。シイタケは、日本その他の東アジア及び東南アジア・ニュージーランドに分布するキノコですが、そのなかでも日本産が最も品質が高いとして人気が高くフランスでもシイタケで通じるようです。



シイタケ(椎茸、学名:Lentinula edodes、英語:Shiitake、Shiitake mushroom)は、生だけでなく、乾燥させた干しシイタケとしても利用されていて、食用キノコとして日本人の食生活に欠かせない食材であり、天然だけでなく、ほだ木による人工栽培が普及しています。



浦島充佳 慈恵医大准教授が、6才から15才の子供たち334人を対象に行った研究で、半数の子供たちはビタミンDが入っている錠剤を、残りの半数には入っていない錠剤を冬の間4か月間投与したところ、ビタミンDを服用したグループではそうでないグループに比べて、インフルエンザの発症率が約半分であったと報告されています。



椎茸の含有成分のエルゴステリンは日光に当たることでビタミンDに変化することが知られています。したがって、日光で乾燥させた干し椎茸は生の椎茸よりもビタミンDを豊富に含んでいます。



また、最近では、機械乾燥の干し椎茸が増えていますが、そんな場合でも使用する前に1〜2時間ほどカサの裏側に日光を当てることで効果を得ることが出来ます。



ビタミンDは、従来から、カルシウムの吸収を助け、骨・歯を丈夫にすることが知られています。体内で生成することが出来るビタミンで、顔や手など一部分を毎日10分程度日光に当てることで充分とされていますが、日照時間の少ない冬場はそれすらも出来ないことがあるようです。



干しシイタケは2枚で、ビタミンDの必要量の1/3を摂取できます。また干しシイタケは生のものに比べ、ビタミンDだけでなく、味も風味も増します。しかし、干しシイタケを水で戻すと、細胞が壊れて、硫黄臭を持つレンチオニンという成分が染み出すために干しシイタケが苦手な人も多いようです。



シイタケは、きのこ類の中でも食物繊維を多く含み、カリウム、ビタミンB1、B2も豊富です。また含有成分のエリタデ二ンは、コレステロールを体外に排出し、動脈硬化を予防する働きをもつという報告があります。



さらに、がん細胞の増殖を抑える効果のあるレンチナンも含まれることで、生活習慣病の予防効果を期待されてもいるようです。ほかに、糖質、脂質、たんぱく質の代謝にかかわるナイアシンも、比較的多く含まれています。



シイタケは、基本的には安全性の高いキノコで、通常の食事から摂取する量であればおそらく問題はないと思われます。しかし、人によっては、アレルギー体質等により、腹部の不快感、好酸球増加症、“シイタケ”皮膚病、光過敏症などを起こす可能性があるようです。

しいたけ 最新一覧 By 楽天


メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

ハナサナギダケ

ハナサナギダケが、老化した脳を回復させる機能があるとされています。ハナサナギダケとは、冬虫夏草のひとつでキノコの仲間です。冬虫夏草とは冬の間にセミや蟻などの幼虫やさなぎに寄生した菌が、そのたんぱく質や脂肪、体液を養分として育ち、夏になると土の中から顔を出すことから、冬は虫の姿、夏は草の姿という意味から、冬虫夏草と呼ばれています。



冬虫夏草は、もともとは、中国の四川・青海・雲南・チベット地域の標高3000〜5000mの高原地域に生息しているコウモリ蛾の幼虫に寄生する、子嚢菌類バッカク菌科に属するキノコのことをいいます。生薬として健肺、強壮効果、抗がん効果があるとも言われ、薬酒や料理の材料としても珍重されてきたものですが、今では昆虫などから出るキノコの総称として使われています。



岩手大学研究室の実験や棚倉町との共同研究によると、福島県棚倉町で栽培されているハナサナギダケを摂ることで、動物実験では、脳内で発生させた老化物質がなくなるという実験結果が2010年9月に報告されています。



ハナサナギタケには、ほかのも抗腫瘍性のあるエルゴステロールパーオキサイドが含有されていることを1997年、東北大学の大学院生小坂良氏により発見されてもいます。



ハナサナギダケは、したがって、認知症などの予防・改善に効果が期待されています。

ハナサナギダケ 最新一覧 By 楽天

メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

(干し)茶樹きのこ

中国製の干した茶樹きのこです。

もどす手間が必要ですが、急ぐときは電子レンジでもカンタンにもどせます。

健康維持に必要な「必須アミノ酸」をほとんど網羅し、ビタミンB1、B2、食物繊維も豊富。

疲れやすい方やお肌の健康に気をつけている方にいかがでしょうか。

旨み成分のグルタミン酸がシイタケの4.2倍、昆布の9.8倍含まれています。

炊き込みご飯や蒸し物そして・炒める・煮る・揚げる・など様々な使い方が出来る食材です。

まさに、万能食材です。

いつでも手軽にお料理に使いたい方にはお勧めです。

詳しくは、こちらをどうぞ!
  ↓↓↓ ↓↓↓





■第2工場(健康食品オンラインショップ)
ショップ名 健康食品オンラインショップ
会社名 株式会社オールライフサービス 第2工場
所在地 〒437-0011
静岡県袋井市村松字小桜2174番地
店長 岩田 学
TEL 0120-872-414
FAX 0538-45-3712
WEB http://www.hp-als.jp/
E−mail shop@hp-als.jp




メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ
タグ:茶樹茸

茶樹茸(サプリメント)

茶樹茸は、フランスのトリュフにも匹敵。
茶樹の下に生える不老長寿の幻のきのこといわれてきました。


ベータグルカンはアガリスク茸の2倍の含有量です!
更に、高蛋白で、低脂肪です。


茶樹キノコは、人体の必要な、アンモニアの酸、グルタミン酸などの17種類のアミノ酸(特に人体で合成することができない8種類のアミノ酸)と10種類のミネラルと抗がん作用のある多糖類に富んでおり、その薬効には、その他の食用キノコより高いとされています。


また、味がすばらしい。しかも、美容保健効果も高く、腎臓、水腫、リューマチなどにも独特な治療効果があるといわれています。特に、抗ガン、血圧を下げることに対しても有効だといわれています。


茶樹茸は、別名“神のキノコ”と呼ばれています。


また、三明市(福建省)の菌類研究所の食用菌の専門家によると、茶樹茸は、胃炎と腎臓炎の水腫に著しい食療の効果があり、人体の役に立つ炭水化物、鉱物質、ビタミンなどの物質と蛋白質に富んでおり、コレステロール値と、血圧も下げて、心臓血管と肥満症の患者に対しても、理想的な食品だとされています。



中国で不老長寿の幻のキノコとして有名。お茶の樹に生えるキノコ。しゃきしゃきした歯ごたえが特徴。美味しさの秘密は豊富なアミノ酸含有量にある。


グルタミン酸は、椎茸の約4倍、特に干したものは最高。一度食べたら独特の香りと食感にやみつきになります。


【効能】豊富なビタミンB1、B2、低カロリーで植物繊維を含むため、便秘や生活習慣病の予防に効果的。特に、βグルカン(アガリスク茸の2倍の含有量)は、がんに対する免疫機能を発揮します。体脂肪を燃やし、美容と健康にも効果があります。

詳しくは、こちらをどうぞ!
↓↓↓ ↓↓↓
茶樹茸サプリ 最新一覧 By 楽天

茶樹茸にはアブラで感じる旨味と同じようなβエンドロフィンを
放出させるグルタミン酸が豊富に含まれているんです!!
それは椎茸の4倍、昆布の10倍以上ととっても凄いんです。
さらに!低カロリー、食物繊維が豊富、アミノ酸が豊富!
すなわち!アブラの代わりに茶樹茸をとることで脳が満足!
カロリー摂取を抑えることができるんです!!
毎日茶樹茸を食べるならお手軽なサプリが一番!


メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ
タグ:茶樹茸

ハナビラタケ

ハナビラタケが、がんに対して効果があるとされています。ハナビラタケ(Sparassis crispa)は、ハナビラタケ科ハナビラタケ属のきのこです。カラマツやアカマツなどの根元や切り株に寄生する白いハボタン状の大型のきのこで、柄はいくつもに枝分かれし、花びら状に薄く波打っている事からこの名がついたとされています。



野生のハナビラタケは発見しにくいために非常に珍重されています。日本の他にヨーロッパ、北アメリカでも自生しており食用にされています。シャキシャキした独特な食感と風味があるとされていますが、希少性のために幻のキノコといわれています。



ハナビラタケの効能をもたらす成分は、βグルカン(ベータグルカン)とされていますが、βグルカン(ベータグルカン)には、主にβ−(1・3)グルカン、β−(1・6)グルカン、β−(1・4)グルカンなどの成分があり、その中でも、β−(1・3)Dグルカンという成分が、有効成分とされていて、ハナビラタケはこのβ−(1・3)Dグルカンを豊富に含んでいます。



ヒトは免疫細胞によって守られています。免疫細胞のなかに食細胞と呼ばれる種類が存在しています。食細胞とは、マクロファージ、好中球などの総称であり、その名の通り、細菌や、壊れた細胞を「食べて」処理します。食細胞は血清中の補体系と合わせて、直接細菌や寄生虫を攻撃し、食べつくしてくれる生体防衛上の重要な細胞です。



ハナビラタケのβ−(1・3)Dグルカンは体の食細胞を活性させると考えられています。この活性化によりその食細胞自身が直接体外からの侵入細菌などに対し働くだけでなく、体の免疫システム全体を刺激し免疫体制を準備させます。活性化した食細胞は白血球をより多く生産するように刺激し、それが体を守ることにつながります。この食細胞は体内を循環し、ウィルスやバクテリア、そして、癌細胞、を食べつくしてくれると考えられているんです。





ハナビラタケ・サプリ 最新一覧 By 楽天



メシマコブ / 霊芝 / 紫霊芝 / 黒霊芝 / 鹿角霊芝 / チャーガ / アガリクス茸 / 舞茸 / ヤマブシタケ / ブナシメジ / エノキタケ / きくらげ / しいたけ / ハナサナギダケ / (干し)茶樹きのこ / 茶樹茸(サプリメント) / ハナビラタケ

スポンサードリンク


ノニジュース 最新一覧 By 楽天







マタニティセラピストへの道




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。